シリーズインデックス:企業探訪の旅

【第29回】お客様の髪のことをみんなで考える美容室に-(有)ビューティーあゆ社長 大原 裕氏(岡山) (2005.11.02)

  (有)ビューティーあゆ 社長
大原 裕氏(岡山)(右から二人目)

経営指針作成の中で、スタッフと真のコミュニケーションが

   (有)ビューティーあゆの大原裕社長(岡山同友会会員)は、同友会に2年前に入会。そしてすぐに同友会の経営指針セミナーに参加しました。母である先代社長を引き継いだ時から目指していた、「家業から企業へ」を実現するためでした。

 また、セミナー受講と並行して、スタッフ全員に経営指針のシートを書いてもらい、月に一回、休日を使ってディスカッションを重ねました。最初は、意見が全然出なかったのですが、後半には、経営指針フォローの会さながらに、スタッフ同士が質問し合い、深めていけるようになりました。「遊びでは得られない、真の社員とのコミュニケーションが取ることができました。」と大原社長は語ります。そして、今年1月に経営指針を発表。「お客様の髪のことを常に考える美容室」を目指す美容室づくりが始まりました。

 薬剤メーカーと共同で髪に優しい薬剤の開発をしていますが、従来は社長だけがかかわっていたものが、経営指針発表後、社員も自主的にかかわってくれるようになりました。

新店舗をオープン

   経営指針発表後、経営している3店舗のうち一番築年数が長かった店(長船店)を建て直すことにしました。新店舗のコンセプトは、その店のスタッフに任せました。店をどうするかスタッフだけで議論を重ね、今年8月にオープンしました。

 この店の名前は「LUSTY」。英語で「元気いっぱいの」という意味です。「お店に来てくれたお客様、そしてお客様の髪、そして働く私たちも元気になれる店にしたい」と、スタッフの皆さん異口同音に言います。店のカラーも、白とオレンジと元気の出る色を基調にしており、スタッフも元気よくお客様への応対をしています。

同友会に参加することでプラス思考に

 同友会には、社長だけでなくスタッフも大勢参加しています。「美容師は、限られた空間の中でする仕事なので、視野が狭くなりがち。多くの方と出会って世界を広げて欲しい」との思いで、一緒に参加するように。

 「最初は緊張したけれど、多くの人と話をさせてもらえるのは自分のためになります。とても楽しい」とはスタッフの言葉。「とかくマイナス思考に陥りがちだが、同友会に参加することでスタッフもプラス思考になってきた」と店長も言います。今では、例会の参加を募ると、「行きたい」と言う社員も多く、昨年の教育講演会は、お店を休みにして、全員で参加。今年もその予定です。

会社概要
 設立:1987年
 社員数:7名
 資本金:950万円
 年商:5400万円
 業種:美容院の経営・化粧品及び美容小物類の販売
 所在地:瀬戸内市長船町土師8-1(他2店舗)
 TEL:0869-26-5422

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS