シリーズインデックス:「第二創業」をめざして

【第42回】常連客数「日本一」をめざして-(株)PRIME・BASEBALL 社長 町田 貴代人氏 (長崎) (2007.12.26)

  (株)PRIME・BASEBALL 社長
町田 貴代人氏 (長崎)

会社はチーム

   (株)PRIME・BASEBALL(町田貴代人社長、長崎同友会会員)は、長崎市内で、居酒屋、焼肉店等飲食店を5店舗経営する会社です。社名の由来は、大の野球好きの町田氏の「会社は『チーム』であり、社員、お客様、取引先、地域の皆様、それぞれと常にキャッチボールを続けながらいい関係づくりを築いていきたい」という強い思いからです。

 店構えのコンセプトはすべて「懐かしき和」と「あったかいおばあちゃんのぬくもり」。1994年、念願の記念すべき第1号店となる居酒屋「居ざけ屋」をオープンしました。地産地消(特に地魚)と何よりも素材にこだわった「イナカヤ食堂」、レトロな雰囲気がすてきで、食事もできる「居ざかBAR」、九州の黒毛和牛をとにかく安く提供することを追求した気軽に入れる街の焼肉屋「居万里」と店舗数を増やしていきました。

企業理念の大切さを痛感

   「自分でも驚くほど」に事業は順調に拡大していったものの、いつの間にか職場の雰囲気は悪くなる一方でした。ついには、創業時から苦楽を共にしてきた幹部社員までもが「社長にはついていけない。何を考えているのかわからない」と辞めていったのです。

 常連客数で「日本一」を目指していた町田氏は、その熱い思いを社内で明確に伝えていませんでした。「ごう慢になり、ただ一人突っ走っていただけ」で、社員と「日本一」の夢や「多店舗展開」など、会社の方向性を何も共有できていなかったのです。「やっと、経営指針書なんて必要ないという自分の間違いに気づいた」と町田氏は言います。

 どうすればいいのか、経営者としてのあり方、会社の仕組みづくりに悩み続けていた昨年8月、「同友会との運命的な出逢い」がありました。

 オブザーバーとして参加した同友会の例会で、船橋修一会員(九州教具(株)社長、長崎同友会経営指針づくり委員長)の報告に感動。経営者のあるべき姿と企業理念の大切さを痛感し、入会を即決しました。「同友会と出合わなかったら、と思うとぞっとする」と振り返る町田氏。学ぶ意欲の高さだけでなく、学んだこと、積極的に受け止めたことはすぐ実践するところは、だれもが認める町田氏のすばらしさです。

まずは自分づくりを

 辞めていった創業時の仲間も、少しずつ戻ってきました。経営のやり方では考え方が違っていましたが、たまに店に顔を出してくれており、あらためて町田氏と話をする中で、町田氏が大きく変わったことに気づいたのです。今では社内・各店舗の雰囲気は活気に溢れ、社員のだれもが「日本一」の夢を共有し、いきいきと笑顔を絶やすことなく、仕事に励んでいます。

 プライム不動産(株)、PRIMESOCIO(デザイン・広告代理店業)、とグループ会社も次々に立ち上げ、さらなる信頼関係を築き保つために徹底的に社内・グループ内での話し合いを続け、今まさに第二創業が始まろうとしています。

 「人づくりこそ全て」、その前に「まずは自分づくり」をモットーに、何事にも積極的に取り組む町田氏です。

●会社概要

創業:1994年
社員数:53名(うちパート・アルバイト41名)
資本金:5000万円
年商:2億4000万円
業種:飲食業(居酒屋・バー・焼肉店)
所在地:長崎市花丘町1-24
TEL:095-848-7247
FAX:095-848-7250
URLhttp://www.pbo.co.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS