シリーズインデックス:わが社の強みは??

【第28回】自分が10人<いろんな10人 フリックイン福井(株) 代表取締役 古市 恭也氏(福井)(2011.11.09)

古市社長 フリックイン福井(株) 代表取締役 古市 恭也氏(福井)

外観  フリックイン福井(株)(古市恭也代表取締役、福井同友会会員)は、2000年に創業。2003年に愛知県の大府市で2店舗目、2006年に同県半田市に3店舗目、2010年4月には滋賀県の東近江市で4店舗目のビジネスホテルをオープンと、事業拡大を続けています。

市場の創造

 古市氏が進出先を決める際、「潜在的なニーズ」「そこ以上に無い立地」「競合相手がいない」、この3点を重視しているといいます。分かりやすい例を挙げると、大府や東近江は県庁所在地などと比べればマイナーな地域ではありますが、メジャーな地域と併せて企業の数を抽出して比較すると、それに匹敵する数が存在します。立地は駅から徒歩0分。後から入ってくるところがあっても地理的に負けることはありません。

 福井市には、県外学生の合宿や遠征の宿泊に補助がある学生合宿促進補助金制度があります。2018年の国民体育大会の福井県開催も追い風になったといいますが、これは古市氏を含む福井市旅館組合有志の尽力で作られたものです。
 この制度ができて今年で3年目。当然、福井のホテル旅館業全体の底上げにもなりましたが、フリックイン福井(株)が経営するエースイン福井では、それまでほとんどなかった県外学生の宿泊が当初の6倍になりました。他県にも展開していることでの相乗効果で大きく伸びています。

 「少なくなったパイを同業者で取り合うのでは先が見えている。たとえ勝ち残っても市場が小さくなり続ければ衰退する他ありません。今はない市場を創っていく必要があるんです」とは古市氏の言葉です。

人間力の発揮

フロント  そして、その進出を支えるのは社員。創業当初、古市氏自身もシフトに入って若い社員と一緒にフロント業務に就いていましたが、「何でこんなことが分からないのだろう」と、社員に怒りながらやっていました。結果、当時の女性社員のほとんどを泣かせてしまった覚えがあるそうです。
 しかし、同友会で学びを深めるうちに、「(自分のために)怒る」と「(相手のために)叱る」の違いや人を「叱る」にはかなりエネルギーが必要だということに気付き始めます。すると、今まで自分を叱ってくれた人に対する感謝の気持ちと、社員の成長のために「叱る」ことを続けてあげなければいけないという思いが湧き上がってきました。

 古市氏は、「叱るときに気を付けている事が2点ある」といいます。まず、「やり方について叱る」。ホテルのフロントの仕事は引き継ぎやチームワークが大事、失敗はその場にいた全員の責任であるという考えです。次に「失敗した社員の上司を叱る」。自分のせいで他人が叱られていると、自分が叱られるよりも身にしみるようです。叱られる方はたまったものではありませんが、上司としてそういう自覚も持って欲しいということと、その方が失敗した社員が真剣に受け止めてくれると思ったのだということをありのまま伝えています。
そうして、叱ることを続けていく中で、「叱られても、それはその人の成長の為だ」と思ってくれる風土もできてきました。

 事業を拡大していく中、古市氏が自ら実務的な仕事をするのは物理的に不可能です。最初は社員に全てを任せることが心配で、なかなか任せることができませんでした。しかし、事業拡大を機に少しずつ任せていくようになると、心配は杞憂に終わりました。それどころか、どんどん能力を発揮してくれて「あの子がいるから俺はエースインに来るんだ」と言って下さるお客様がたくさんいらっしゃるくらい、今では古市氏よりもずっと上手にお客様に接しているそうです。また、各ホテルはそれぞれに置いた責任者に任せられるようにもなりました。
 「社員には能力があるのに、それまでは逆に私が抑えつけていたような感じがしました。『自分が10人いる方が、よほど上手く会社が回るのに』と思っていた時期もありましたが、いろいろな人間がいて、いろいろな素質や能力があるから会社が上手くいくんだと気付かされました」と古市氏は語ります。

今後の展望

 各ホテルの責任者は福井でずっとフロントをやっていたメンバーですが、所在地に住民票を移して市民活動にも参加しています。進出先で地元民として貢献し、それによって喜んでいただき、地元の人に応援していただける関係づくりが目的です。
 古市氏は今後の展望を次のように語ります。「企業として雇用の創出や納税での貢献は当然ですが、たとえば福井のホテルでお客様におもてなしをして『福井は良いところだな』と思っていただくことで、そのお客様はまた福井に来てくださる。来てくだされば、ご飯も食べる、お土産も買う、いろいろなお金が落ちていく。それがホテル業としての地域社会への貢献だと思っています。今後は、福井と愛知と滋賀の3つの地元でそれぞれ貢献したうえで、今度は福井の方に愛知に、愛知の方に滋賀に、滋賀の方に福井に来ていただけるような連携をしながら、3つの地元がお互いに活性化するようにしていきたいと考えています」。

会社概要

創 業:2000年
資本金:5,000万円
年 商:6億円
事業内容:ビジネスホテル
従業員数:45名
所在地:福井県福井市中央3丁目4-20
ホテル:福井県福井市 エースイン福井 全166室
    愛知県大府市 アズイン大府 全125室
    愛知県半田市 アズイン半田インター 全127室
    滋賀県東近江市 アズイン東近江能登川駅前 全125室
TEL:0776-26-0011
URL:http://www.ace-az-inn.com/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS