シリーズインデックス:共に育つ

【第10回】我が社は人を生かすためだけにある 明石加工サービス(株) 代表取締役 伊集院 雅人氏(兵庫)(2012.06.27)

伊集院社長 明石加工サービス(株) 代表取締役 伊集院 雅人氏(兵庫)

突然社長に就任

 明石加工サービス(株)(伊集院雅人社長、兵庫同友会会員)は、食品メーカー専門に請負や派遣教育研修やライン改善提案などをしている会社です。伊集院氏は、学生のときに母親である専務に呼び戻され、1995年に25歳の若さで、突然社長に就任しました。

 当時の同社は、親会社工場の完全な下請会社でした。社員は110名で、社長にはなったものの、何をしていいかわからず、3年ほど現場に入り、その後、経理や事務を教えてもらいながら仕事を覚えていきました。そして29歳から、実質的な社長の仕事をすることになり、自分流の経営が始まりました。社長としての仕事も分からない状況のなか、社内のリーダーも取引先も自分より年上の人たちばかり。社内で話し合いもせずに思いついたことを命令する、人を「力で動かす」ような、全くのワンマン経営でした。

取引先の子会社と合併

社屋  2000年に親会社が全国のグループ会社の再編成を行うことになり、その一環で子会社と合併することになりました。そしてできた会社が、現在の同社です。その時の資本の出資比率は、伊集院氏が33%、取引先から来た常務が33%、その他取引先関係者がそれぞれ24%、10%という構成で、外からきた常務との信頼関係がない状況からのスタートでした。突然二つの会社が一緒になったので、決まりごとや現場の配置など新しくやることはたくさんありましたが、「常務との関係だけでなく、社員との関係も全くコミュニケーションがとれていない最悪の状況だった」と伊集院氏。現場のリーダーは、社内に相談するところもなく、目の前の仕事をこなすだけで精一杯の毎日でした。

 そんな状態で、2003年には初めて営業赤字に陥ります。伊集院氏は「取引先工場長に『赤字をどうするつもりか』聞かれ、『赤字になるかならないかは、工場長がいくらで仕事を出すかにかかっているので僕に聞かないで下さい』と返していました。このときは、『なりたくてなった社長じゃないし、仕事が減ったり、単価が下がったりするのは、自分のせいではない。自分が悪いのではなく、悪いのは全部外部要因だ』と真剣に考えていた」と当時を振り返ります。

社員とのコミュニケーションが間違っていた

 さらに、取引先が工場の省人化を始め、100名中6名を削減、2年後に1,500万円の売上が無くなります。この売上がダウンした分を何とかしようと、工場外への営業活動を行い、初めて派遣の仕事をもらえたのが2006年のことです。「今こそ、一丸となって自分たちで変わっていかないといけない」と思った伊集院氏は、10名の現場リーダーと1対1で5時間くらいかけて社長の思いを語り続け、意思統一をはかった後、社内改革に着手しました。

 まずは会議で、クレーム発生件数に連動した「成果主義給与体系」への変更を全員一致で決定しました。ところがその翌日、現場リーダーの代表が、「実は全員反対だ」と言ってきたのです。伊集院氏は、社員が本当はどう思っているか何も聞こうとせず、自分の思いが伝わったと勘違いしていたことを思い知らされます。「当時社員とのコミュニケーションとして考えていたのは、一つ目がたくさん話す、二つ目が正しさがあれば通じる、三つ目が自分の行動で分かってもらえるということだった。自分が絶対に正しいと思って熱く語り、その情熱で社員は動いてくれていたと思っていたが、実は社員がものを言えない状況をつくっていたことに気がついた」と伊集院氏は言います。

人はみんな可能性がある

社員研修  ちょうどそのころ、兵庫同友会に入会し、経営指針成文化セミナーに参加しました。「そのときに初めて、『何のために社長をやっているのか』ということを考え、また労使見解(中小企業における労使関係の見解)に書いてあることを何もやっていなかったことに気づいた」と伊集院氏。セミナー受講中に、教育研修と現場改善を新規事業としていわゆる「第二創業」としてやっていくことを決めました。学んでいくなかで、人が変わる、成長する場にかかわることができるということが自分の一番の喜びだと改めて認識することができ、「働く人のやりがいや働きがいをつくっていくために社長をやっているのだ」という考えにたどり着きました。そして、最初の派遣の仕事で率先して行ってくれた社員を責任者として、新しく教育研修事業とライン改善事業を立ち上げました。新規事業はまだ売上の1%程度ですが、本当にやりたいことが見つかった喜びは非常に大きなものとなっています。

 「今では、人はみんな可能性があるということが、本当に信じられるようになってきた。自分は、いろんな人の可能性を見つけたり、成長にかかわったりして、その人が輝くとそれを受けて光る月のような存在でありたい」と伊集院氏は語ります。

会社概要

創 業:2000年
資本金:1,000万円
事業内容:業務請負・人材派遣・教育研修
従業員数:137名(パート・アルバイト含む)
所在地:兵庫県加古郡稲美町六分一 1183-15
TEL:079-495-2068

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS