シリーズインデックス:共に育つ

【第13回】「社員研修」で大きく成長 沖野彫刻・切り文字屋オッケイ 社長 沖野 兼一氏・店長 沖野 恵子氏(新潟)(2012.07.18)

沖野社長、沖野店長 沖野彫刻・切り文字屋オッケイ 社長 沖野 兼一氏・店長 沖野 恵子氏(新潟)

社屋  沖野彫刻・切り文字屋オッケイ(沖野兼一社長・沖野恵子店長、共に新潟同友会会員)は、1階は伝統的な木彫刻の作業場「沖野彫刻」、2階はカッティングシートの加工通販専門店「切り文字屋オッケイ」となっているユニークな会社です。

共育求人委員会の社員研修に参加

 「仕事量の増加とともに社員を採用してきたが、どのように社員を育てていったら良いかわからないことが多かった」と切り文字屋オッケイ店長の沖野恵子氏は言います。採用した社員の育て方に悩んでいたとき、新潟同友会から送られてきた「2009年度新入社員スタート研修」の案内を見て「これだ!」と思い、初めて同友会の社員研修に参加しました。

 一緒に参加した社員は、同社に入社して約10カ月経った女性社員。人前に出ることが苦手で人とのコミュニケーションもあまり得意ではなく、黙々と物を作ることが大好きな社員でした。

一緒に参加した社員の変化

社内の様子  「スタート研修」初日。グループで話し始めていたときに予期せぬ出来事がありました。女性社員がグループ討論での自己紹介のとき、勇気を出して自分が引きこもりだったことを話し始めたのでした。

 彼女は、自分のこと、友達のこと、家族のことなどを話し始めると、色んなことが思い浮かんだ様子で涙が止まらなくなりました。そんなときでも、グループ長だった梅澤共育求人委員長をはじめ、グループメンバーが親身になって話を聞き、見守ってくれました。「2日間の研修を終え、社員が一皮むけたような印象を受けた」と沖野店長は言います。その女性社員はその後、仕事をしながらさまざまな壁を少しずつ打ち破って、一歩ずつ前に歩き出しはじめ、すごい集中力で誰よりも職人的な動きで仕事を進めていくようになりました。

 その年の9月、「新入社員フォローアップ研修」にも一緒に参加しました。グループでの企画発表やチームで話し合い企画書を作成する研修でした。チームのメンバーと参加者の前で発表するシーンでは、マイクを持つ手も緊張ぎみで、何とか声を出して、分担して発表し、苦手そうな雰囲気を察してくれたメンバーがタイミング良く代わって話してくれるような場面も見ることができました。人間とはすごいもので、何度かの経験を積むと人前で話せるようになり、そのことが自信につながり、仕事にも幅ができてきました。

 さらに、2月の「ステップアップ研修」にも参加。研修は自社のプレゼン大会で、会社の説明と実演の流れを、仕事の合間を見つけながら考え、実際の題材も本人が用意して、当日までの準備を進めていました。声も緊張で震えていたようですが、参加した他社の社員からは、「実演もあり、楽しくプレゼンを聞くことができた」「実演はやっぱりインパクトがある」などの感想が寄せられ、結果は見事に「経営者賞」受賞。研修の閉講式では、参加者全員と笑顔で握手をし、とびきりの笑顔で会場を後にしました。

 新入研修を受けてから3年経過した今、その女性社員は、「作るものが多いとやる気が出ます」と言い、昨年の秋には素敵な旦那様と結婚式をあげることができました。「本当に嬉しかった」と沖野店長は振り返ります。

アットホームな社風づくり

勉強会  同社では数カ月に1回、社内勉強会を行っています。社員一人ひとりが順番に議題をつくり、自分の知っていることを伝えたり、仕事の改善方法を探したりしています。一番最近の社内勉強会では、スタッフそれぞれの「良い所探し」を行いました。一人ひとりが全員の良いところをそれぞれ用紙に書き込み、その勉強会でみんなから集めたコメントは似顔絵と一緒にまとめて社内に掲示。ホームページの「スタッフ紹介」にも掲載しました。また、社員の誕生日にはみんなで「Happy Birthday to You」を歌って、クレープやケーキなどでお祝いをしています。

 現在は、1人しかできない業務を減らし、2人以上が同じ内容の仕事ができるよう、伝達や仕組みをつくろうとしています。機械や設備の操作も、誰が見ても分かりやすく操作できるようにマニュアル化しておくことが課題です。仕事をしていて、不具合が出てきた場合はみんなで話し合い、さらに良い方法はないかとアイディアを出し合います。

 「立ち止まる日があっていい、少しずつでも前に進んで行けたらそれでいい。相手を好きになり、弱い部分も強い部分も苦手なこと、得意なことも含めてその人を見ていき、この人には何が向いているのだろう、どのポジションで仕事を進めてもらえるとスムーズに行くのだろうと日々考えている。社員とともに成長できれば嬉しい」と語る沖野店長。社員とともに育つことを日々実感しています。 全員で

会社概要

創 業:1993年
事業内容:木彫り彫刻、カッティングシート・看板製作
従業員数:8名
所在地:新潟県燕市新堀2294-3
TEL:0256-97-7507
URL:http://www.dougu.info/(沖野彫刻)
http://www.kiruharu.com/(切り文字屋オッケイ)

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS