シリーズインデックス:共に育つ

【第19回】家業から企業へ (有)黒田養蜂園 専務取締役 黒田 和宏氏(栃木)(2012.09.05)

黒田専務 (有)黒田養蜂園 専務取締役 黒田 和宏氏(栃木)

家族みんなで和をもって経営

社屋  1920年創業の(有)黒田養蜂園(黒田和宏専務、栃木同友会会員)は三代続く養蜂一家です。栃木県を中心に約20の蜂場を所有し、天然のハチミツを自家採集。無添加・無精製、非加熱・非濃縮の「本物」のハチミツづくりにこだわるほか、生ローヤルゼリー、プロポリス、はちのこ、プロハーブ化粧品、蜂産品などの各種商品を直売・通信販売しています。

 同園を切り盛りするのは、三代目社長である父と母、長男の黒田氏、長女の4名。そして、春から夏の繁忙期にアルバイト2名を臨時に雇用しています。一時、現社長が体調を崩したことから、大学を中退して家業を継いだ黒田氏は、家族経営の実際についてこう話します。
 「当社の社員は全員が家族で、それぞれの得意分野を生かしつつ役割分担し、日々の業務にあたっています。具体的には養蜂のスペシャリストである父を筆頭に、接客のプロである母が直売店舗の運営を支え、販売・広報担当の姉が自社製品の販売促進業務を受け持っています。長男の私はハチミツの生産・加工に従事するほか、経営全体を指揮するプロデューサー的な役割を担っています」。

 アルバイトのうち1人は親戚で、もう1人は長年手伝ってもらっているご近所の顔馴染み。どちらも家族同様のお付き合いです。「家族であることのメリットは、互いの性格や長所・短所を他人以上に熟知していること。それと、なんでも言い合えることでしょうか。チームワークのよさは鉄壁です。一方、デメリットは『言わなくてもわかっているはず…』と早合点してしまい、結果として行き違いが生じる点だと思います」と黒田氏。「他人」とは大きく違う「家族」であることの絶大な信頼関係。しかしながら、目線を変えれば、家族ならではの難しさもあるようです。

養蜂一家の次なる一手

社内の様子  同社は1994年に法人化後、2004年に店舗を新築し、より一層直売に重きを置くようになりました。2010年にはホームページを全面リニューアルし、これまでの電話による通信販売からインターネット通販に移行中です。

特筆すべきは、2013年3月のカフェのオープンです。直売店舗にカフェスペースを増築し、自家採集ハチミツを主力にしたジェラートや各種スイーツのほか、「健康・美」をテーマに地場の農産物を使ったメニューを提供する予定です。カフェのオープンに合わせ、同社初となる社員の採用を計画中で、常勤スタッフとして当初3名を予定しています。黒田氏は「社員の採用は当社にとって大きな変化です。家業から企業へ一歩踏み出すエポックメインキング的な出来事といえるかもしれません。やるべきことはさまざまありますが、まずは社員が気持ちよく働ける職場環境を整備していきたいと思っています」と語ります。

同友会で学んだ経営指針づくり

 家業から企業へ向けての取り組みは、今に始まったことではありません。いずれ四代目を継ぐ黒田氏は、養蜂の仕事に就いたときから意識していました。栃木県中小企業家同友会の門を叩いたのも、そうした意思の表れでした。「急きょ大学を中退して家業を継いだ自分は、他の企業で働いた経験がありません。社長になる前に経営を学ぶことが不可欠と考え、経営指針づくりを主体に活動する同友会に入会しました」と黒田氏は言います。

 経営指針はその後、何度もブラッシュアップを重ねていますが、完成までには今しばらく時間を要します。そうした中、キーワードともいえる文言が浮かび上がってきました。その文言とは「ミツバチと大自然と共に、これまでも、これからも…」。この大テーマの後に「お客様のために」「ミツバチのために」「大自然のために」といった思いが続きます。これからは「社員のために」という思いが加わっていきます。

 「ミツバチと共に自然環境保護に取り組むほか、社員が働きやすい環境整備や人づくりが、新たな自分の仕事であると考えています」と黒田氏。創業から数えて今年で92年目。これまで家族とともに育ってきた同社は「第二の創業」の時期を迎えました。いよいよこれから、本格的な「人を生かす経営」がスタートします。

会社概要

設 立:1920年
資本金:300万円
事業内容:はちみつ採集及び販売、各蜂産品採集販売、各蜂産品の加工販売、ミツバチ関連商品の販売、ミツバチ関連化粧品の販売、花粉交配用(ポリネーション)ミツバチのリース、養蜂業全般、れんげ草米の作付け及び販売、養蜂の技術指導、各種養蜂器具の販売、ミツバチに関連するイベント・ワークショップの企画・運営
従業員数:6名
所在地:栃木県鹿沼市村井町291-5
TEL:0289-62-4018
FAX:0289-64-3288
URL:http://www.thanks-honey.co.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS