シリーズインデックス:共に育つ

【第27回】あいさつ・掃除の実践で企業再生 (株)日協堂医療器   代表取締役 喜井 規光氏(香川)(2012.10.31)

喜井社長 (株)日協堂医療器 代表取締役 喜井 規光氏(香川)

社屋  喜井規光社長((株)日協堂医療器、香川同友会会員)は、香川県で小学校を卒業した後、中学・高校は大阪で過ごし、専門学校で作業療法士の資格を取得し、卒業後は、京都でデイケア施設の立ち上げに主任として取り組みました。23歳の時に当時の社長である母親の体調不良を理由に、会社を手伝ってほしいとの要請により帰省し、(株)日協堂医療器に入社しました。

母との確執

社屋2  入社当時、社内は問題が山積みでした。当初は営業を行っていましたが、最初の2年間はいろいろと口出ししてくる母親と、スタッフやお客様の前だろうと関係なく口論ばかり。出社拒否し一週間以上も休んだこともありました。

 そんな中、母親と専務の3人で(株)プランナーを設立し、あこがれであった福祉施設の開設をしました。専務は、建築業界出身の方で、施設は専務中心で運営していました。当時、「福祉施設は1~3カ月あれば満床なるのが当たり前」と言われていたので、対応する職員を50名ほど採用していました。最初の半年は、30人の定員対して10名ほどしか入居者がいませんでした。赤字続きで、2年間累計で7,500万円にも達し、満床になるまでに2年間かかりました。

事業承継の決意

社内  開設して1年6カ月したころ、決算前に税理士から報告があり、専務の横領が発覚しました。その結果、専務は懲戒解雇することになりましたが、専務を慕っていた施設のスタッフからものすごい反発やボイコットを受け、部署閉鎖に追い込まれることもありました。そのため、離職率は2年間で100%を超え、退職と採用の面接の日々が続きました。その事件をきっかけに、母親と協議の上、社長になることを決意。その後の自己啓発研修にて、2年後になることを決意表明しました。その瞬間、今までの母との確執が取れ、まるで霧が晴れるように視野が広がりました。それからは社長になるための課題ばかり考え、また、今までは全て他人のせいにしていたことを、自分の事としてとらえることができるようになり、問題の基準が変わっていきました。

社員の気持ちを知る

 ある研修にて「社員の気持ちをわかっている?言える?」という問いに対して自分のことは何時間でも話せますが、社員に関しては何も返答できないことにあ然としました。そのことから社員の気持ちを知ることの重要性を認識し、個人面談に取り組みました。当初は、あまり発言がなく、発言のある人は会社の批判、上司・同僚の批判ばかりでした。回数を重ね、小さな希望をかなえ続けることにより、話の内容が前向きに変化してきました。また、社員と共に各研修に積極的に参加する中で、あこがれの人物・会社と出会い、目標が定まってきました。そこで学んだのは、そのような人物や会社では、「当たり前のことを当たり前に実践している」ということでした。

あいさつと掃除の実践

 雰囲気が悪く 無視や汚いのが当たり前の時期があり、とてもつらく長く感じるときでした。何から手をつけていいかわからず、コミュニケーションの始まりはあいさつからということを学び、自らが実践しました。会社も整理整頓できておらず、机の上は乱雑、倉庫の物は出しっぱなし、車は中も外も汚い状態で、社員と共に、徹底的に掃除して磨き上げました。すると、問題が隠れなくなり、明るい雰囲気があふれるようになりました。物事が前に向く、足跡が残ってくるということを実感しました。

経営指針を創る会

 香川同友会には2007年に入会し、2010年「第6期経営指針を創る会」に参加しました。大変な時期を過ごす中で、経営の先にある柱がほしかったためで、そこでも幹部社員と一緒に課題を検討していくので、みんなの考えや思いを理解・共有できるようになりました。思いを伝えて思いを聞くことの大切さを実感しました。理念に沿った形で、その行動が、美しい心かどうかを常に考えるようになりました。また、運営方針については、各法人、各部署で一緒に作成するようにしています。

経営理念の実践

 「社員にやりがいを持たせ、任せ、思いを実現すると社員の眼がどんどん輝いてきます。それを継続するためには、定期的な個別面談をして、課題を明確化すると、主体的になり、素直な心が芽生えます。職員の声の中にすべてが詰まっています。例えば部署内にて予算を決めて部署長決済で使えるようにする。責任をあいまいにせず、最初から最後までしっかりと仕事をやりきる経験ができるように見守る、失敗しても責めず、失敗から学べる意識と環境をつくる。これが大変ですが、思いを実現できる環境を創造することが社長の役割だと思っています」と喜井氏は語ります。

経営理念

「美しい心を育み、いい会社(施設)を目指します」
(2011年1月からスタート現在2期目)

会社概要

設 立:1947年
事業内容:医療器・福祉用具の販売、レンタル業
従業員数と年商:(株)日協堂医療器 21人(正社員19人、パートアルバイト2人)、3.8億円
(株)プランナー 65人(正社員46人、パートアルバイト19人)、2.8億円
社会福祉法人 光志福祉会 : 41人(正社員29人、パートアルバイト12人)、1.4億円(見込み) 
<総数 127人 合計年商8億(見込み)>
所在地:香川県観音寺市柞田町甲43-1
TEL:0120-25-4774
URL:http://www.nikkyoudo.co.jp/index.html

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS