シリーズインデックス:わが社の経営理念

【第25回】笑顔あふれる強い会社をめざして (株)ウイル 代表取締役 山口 陵子氏(岡山)(2013.10.16)

山口社長 (株)ウイル 代表取締役 山口 陵子氏(岡山)

溶射  (株)ウイル(山口陵子社長、岡山同友会会員)は、主に「溶射」と呼ばれる技術により、固形物の表面に防錆防食・耐磨耗性能を加える加工を事業としています。金属やセラミックなどを溶かしたものを固体の表面に吹き付けて皮膜を形成し、表面硬化や寿命延長などさまざまな効果を得ることができます。鉄鋼・非鉄金属・コンクリートなど幅広い素材に適用できる上、特に防錆性能においては塗装などに比べても耐用年数が長いのが最大の特徴。メンテナンス費用の低減や、構造物の強化による安全性向上などのメリットがあります。海岸沿いの高速道路などの高架橋などにも、潮風による錆を防ぐために溶射が使われることがあります。

 山口氏は大学卒業後、広島の教育系大手出版社で営業職に従事した後、本当にやりたいことを求めて東京で美容師の免許を取得。美容師として活躍し始めたある日、突然、父親が倒れたとの連絡がありました。そのとき、同社の創業者で社長だった父から言われたのが「わしが死んだら会社は潰れる」という言葉でした。悩んだ末に、岡山に帰って父親の会社を手伝う決心をしました。

入社し、事業の可能性に目覚める

社屋  2002年に入社し、2年間は営業を担当しました。そのころには父の体調も回復し、一緒に仕事をするようになりましたが、社長である父と衝突することもしばしば。ある日出社してみると、机の上に「お前とはもう親子の縁を切る」と書いた手紙が置かれていたこともありました。当時、会社には活気らしいものがなく、社員の間にも閉塞感が漂っていました。

 ただ、そんな状況ではありましたが、仕事に慣れるにしたがって「溶射」という技術の可能性を理解し始め、会社の将来性を強く意識するようになりました。

社長就任・・・本物の理念を作りたい!

社内の様子  2年後に社長に就任することになりました。営業をしていたころは、「どうして社長は社員の気持ちを汲めないのか」と思っていましたが、いざ自分が社長になってみると、大きな決断するのは社長であることを思い知らされ、社員の意見をすべて汲み取っていったら何も決められないという事実に直面しました。「よく言われる『経営者は孤独である』という言葉の意味が実感できました。そして、それまで父親がどんな思いで会社を経営してきたのか、初めて理解できた気がしました」と山口氏は言います。

 社長に就任してからはさまざまな勉強会に参加するようになり、会社にとって経営理念が重要であることを教えられました。自己流で理念らしきものをつくってもみましたが、社員に見せる自信がなく、机の中にしまいこんでいました。そんなとき、仲間から岡山同友会の「経営指針成文化研修会」が充実している、との情報を聞きました。山口氏は、自己流ではない本物の理念を作りたい一心ですぐに同友会に入会し、迷わず「経営指針成文化研修会」に参加しました。

 研修では、特に「何のために経営をしているか」という問いについて、深く考えさせられました。そして、「何のために経営しているのか」「何のためにわが社があるのか」が社員に伝わらなければ、会社の存在意義すら揺らいでいくことに気づきました。社員の意見も聞きながら少しずつ書き進め、約半年がかりで作り上げたのが現在の理念の原形です。

笑顔あふれる強い会社をめざして

新卒社員  理念ができたからと言って、たちまち全てが順調に進むわけではありませんが、変化を感じる機会は確実に増えていきました。同友会の共同求人活動にも参加し、昨年は1人、今年は2人の新卒採用を行いました。新卒の社員を採用することにより、新人を直接指導する社員や、その社員の上司の行動が変わっていきました。「どうすれば新人が成長できるか」を社内全体で考えるようになり、会社全体に一体感が生まれてきました。2012年に入社した女性は営業職で採用しましたが、「材料や製品などを運搬できるようになれば、他の人の手が空いて、もっと仕事が効率的に循環するのではないか」と考え、自らフォークリフトの免許を取らせてほしいという申し出がありました。最近は、ときどき社内で彼女が運転の練習をしている姿が見られます。

 徐々にではありますが、社員同士が自分たち自身で考えて自主的に行動することが増えてきました。「今後は同友会で行っている社員の共育プログラムも活用し、より一体感を持った強い会社を目指していきたい」と、山口氏は目を輝かせながら抱負を語ります。

経営理念

溶射のプロフェッショナルとして、世の中に求められる技術集団を目指します。

社員と共に成長し続け、独自性と一体感を持った、どんな困難にも負けない強い会社を目指します。

社員も、その家族も、お客様も、地域の人も、ウイルに関わる全ての人が笑顔になる会社を目指します

会社概要

創 業:1988年
設 立:1989年
資本金:3,000万円
従業員数:20人
事業内容:溶射、ブラスト、ライニング、機械保全、製缶配管、プラント設備設計―据付、機械加工
所在地:岡山県岡山市東区楢原760-2
TEL:086-297-6560
URL:http://www.will-ok.com

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS