シリーズインデックス:若者がいきいき働く企業へ

【第26回】一人ひとりが主役になれる会社 (株)ワイズ・インフィニティ 代表取締役 山下 奈々子氏(東京) (2014.10.22)

山下社長 (株)ワイズ・インフィニティ 代表取締役 山下 奈々子氏(東京)

 常宮さん  「入社して1年目でも意見を言わせてくれるのです。自分で行動しなければいけないということがあるので、年齢の割にいろいろと経験させてもらっています。昨年は、私が社員旅行委員だったので、まずプランを立てて、社員の皆さんの前でプレゼンテーションして、投票の結果、私の案を通してもらえました」。入社3年目の常宮さんは、以前に勤めていたところと比較して語ります。社員旅行といえども、社会人としての訓練。会社からは、社員旅行の趣旨と予算を提示するだけで、あとはどう魅力的なものにするかは、社員の腕のみせどころ。(株)ワイズ・インフィニティ(山下奈々子社長、東京同友会会員)には、一人ひとりの社員を主役にする仕掛けがあふれ、指示待ちということは起こりません。

理念のぶれない会社

岸さん  東京港区の翻訳会社。明るい陽射しが入り込むオフィスには、17名の社員が勤務しています。業務は、1.放送翻訳、通訳 2.字幕翻訳、吹替え翻訳 3.文書翻訳 4.ゲーム翻訳 5.クローズドキャプション(聴覚障害者向け字幕)制作を主な業務としています。手がける作品数は、年間なんと約2,700本。また、映像翻訳スクールを運営し、育成にも力を入れています。

 常宮さんは、当初、翻訳会社ということに引かれて就職を希望しました。しかし、採用時に説明された企業理念の「愛ある経営」に感銘を受け、入社を決めました。「やりがいを感じたからです。入社後も、実際に働き、理念の軸がぶれることのない会社だと感じています」と常宮さんは言います。

 入社10年目の岸さんも、「うちは、最初から、お客様のやりとりも任せます。年齢にかかわらず発言する場があります。これらのことは、目の前の仕事のためだけではなく、今後の人生の中で生きてくることだと思います」と語ります。

全社で理念を理解する

勉強会  社長は、山下奈々子氏。創業は2000年。翌年に出身地である神奈川同友会に入会し、2005年に会社が所在する東京同友会に入会しました。「社員が主人公の経営ができているのは、経営理念の浸透のおかげ」と山下氏。同友会に入会するやいなや、経営理念づくりに取り組み、社員採用を初めて行ったときから、経営理念の説明をすることができました。

 毎週金曜日の朝は45分間の理念勉強会。始業前なので強制ではありませんが、参加すると「はんこ」を押してもらい、たまると商品券がもらえます。勉強する気になる仕組みができているのです。祝日は研修日と決め、やはり、テーマは経営理念です。「語学ができるだけでは採用しません。社会人として、会社がどんな方向に行こうとしているかを理解してほしい」と山下氏。また、「社長の仕事は、社員が気持ちよく働くことができる環境をつくることと資金づくり」と言う山下氏は、会社のために利益をつくり、それがお客様のためになっているのなら、社員が自由に行動してもいいと考えています。自立した社員集団が同社の理想の形です。

社員の提案でイベント開催

映像翻訳フォーラム  2014年の8月と9月には、新入社員の提案で「字幕翻訳1日体験レッスン」を行いました。主に高校生大学生を対象とし、映画に実際に字幕と付けてみるイベントです。担当した新入社員は、大学などを自ら訪問し宣伝活動を行いました。計画・実行・人を集めるむずかしさを体感することができたようです。また、これらの行動は、先輩社員への刺激になっています。

 すでに9回を数える「映像翻訳フォーラム」は、会社あげてのイベントで、参加者は200名強。集まるのは、翻訳経験者や学習中の方などさまざまです。現場の話を聴くチャンスや同業者間の交流の場として、喜ばれています。もちろん社員が実行委員として、テーマづくりから運営まで行っています。

ファミリーデイ  ユニークな取り組みは「ファミリーデイ」。今年の8月で3回目となります。社員の親や子ども・親戚が参加。手作り感満載で、社員が入口を飾りつけ、説明も社員が行います。「自分の子どもに説明するのは、なんとも緊張するものらしい」と山下氏。交流の一貫で、子どもたちは、社員や社長と名刺交換大会を行います。生まれて初めての名刺交換は、ドキドキワクワクの体験となっています。ある新入社員の親は「ハウツーだけではなく、人として磨いてもらえるとうことがよく理解できた」と、喜んでいました。どんな会社で働いているのかイメージできるのは、家族にとってうれしいことに違いありません。

企業理念へ向かって

 2013年には、会員クラブも発足させ、ワイズ・インフィニティをステーション(中心)とした輪が広がっています。翻訳という既存事業を大切にしつつも、違う業務形態は模索し続けている同社。会社の進化形態は、ひょっとしたら社長も想像がついていないのかもしれません。それは、まさに企業理念の通り。「私たちは、ここに集うすべての『知恵(ワイズ)』を駆使し、『無限大(インフィニティ)』の可能性を引き出し合い『愛ある経営』を実践し、消費者・取引先・社員・社会に貢献します」。

会社概要

設 立:2000年
資本金:1,000万円
事業内容:翻訳・スクール事業
従業員数:18名
所在地:東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂2階
TEL:03-5544-8510
URL:http://www.wiseinfinity.com/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS