シリーズインデックス:若者がいきいき働く企業へ

【特別版】共に育ち合う企業づくり (有)サン樹脂加工 代表取締役 磯村 太郎氏(愛知)(2014.11.26)

(同友Aichi 11月1日号「第15期共育講座 第6講」記事より転載)

 愛知同友会「第15期社員と学ぶ共育講座」(35社、93名が参加)第6講座、磯村太郎氏の報告を紹介します。

社員の声にハッとして

 自社は、プラスチック樹脂の切削加工や機械加工をしています。父が創業した会社に27歳で入社しました。若い人を雇用しなければ先行きがないと感じ、採用活動を始めました。入社から10年、業績も順調に伸び、新工場を建設し、新たに3名を雇用するも、次々と退社しました。

 それなりの給料を出していれば社員は満足すると思いましたが、「仕事は楽しいが、ここで働きたくない」「この会社にはめざすものが何もない」と言われ、人を採用して経営する理由が分からなくなりました。

 「経営指針をつくればなんとかなる」と思い必死につくりましたが、発表だけして机にしまい込みました。自分でつくっておきながら、腹に落ちていなかったからです。

 ある日、愛知同友会の「共育講座」に参加した社員に「経営指針はどこにありますか」と間われ、「経営指針講座」に再挑戦しました。当時はリーマンショックのまっただ中でしたが、新卒採用にも取り組みました。学生に自社を説明するうちに、経営指針が自分の腹に落ちる経験をしました。

幸せになるために

 育った環境も価値観も異なる私たちは、人との関わりの中で人間的にも成長していくものだと思います。しかし、「価値観が違う」という線引きで、関わり合いを避けることが多くなっていると感じます。

 以前は自分だけの幸せを考えましたが、いろいろ学ぶ中で、私の幸せは「社員が自社で働いて良かったと思えること」になりました。これこそ、経営者の醍醐味です。

 社員は子どものような存在でしたが、パートナーと考えられる社員も増えました。今後は社会の役に立っていることを実感できる会社にしたいと思います。「共育講座」は、経営者が気づき、変わる場所です。きれいごとでなく、本気で良い会社にしていきましょう。

会社概要

設 立:1978年
資本金:300万円
事業内容:械部品・電気部品等あらゆるプラスチックの加工品の製造・販売
所在地:愛知県小牧市藤島町徳願寺83
TEL:0568-75-3981
URL:http://www.sunjushi.com

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS