シリーズインデックス:チャレンジ環境経営

【第34回】きれいを創造し、環境を守る (有)リースキン中堂薗 代表取締役 中堂薗孝二氏(宮崎)(16.02.17)

有)リースキン中堂薗 代表取締役 中堂薗孝二氏 (有)リースキン中堂薗 代表取締役 中堂薗孝二氏

 宮崎県の霧島山麓にある高原町の(有)リースキン中堂薗(代表取締役中堂薗孝二、宮崎同友会)は、創業者である会長が『主婦が空いた時間にできる仕事を』との思いで、1977年に家庭用モップのレンタル事業を開始。お客様から「清掃もお願いしたいんだけど」という声がかかり、清掃業務を始めました。女性ならではのきめ細かいサービスが評判となり、町立病院などの清掃業務を受託し、ビルメンテナンス業務へと業務を拡大してきました。中堂薗氏は2001年に同社に入社し、2011年に代表取締役に就任しました。

より環境に良いものを

   (有)リースキン中堂薗の経営理念は、『きれいを創造し、人と人とのふれあいを大切にする地域づくりに貢献します』です。その一方で、清掃で施設をきれいにしながら、環境に負荷を与える薬剤を流しているという問題に悩んでいました。2005年宮崎同友会の同業の会員企業から環境ホルモンをはじめ、有害物質のポリスチレン・重金属を一切含まず、環境にやさしい薬剤を使用する『ウルトラフロアケア・システム』を教えてもらいました。この出合いにより定期的な清掃回数が減らせ単価や利益率を上昇させるなどメリットがありました。しかし、通常の薬剤に比べ材料費が約4倍高いという新たな課題が生まれました。環境には良いが材料費がかかることが問題と感じた中堂薗氏は、この薬剤と同じような働きをするph12.5のアルカリ水をつくる機械を2012年に購入し、自社で製造して薬剤として使用することによる材料費の削減に取り組みました。しかし、ph12.5のアルカリ水では、汚れを落とす力が十分ではなく、使用できる範囲が限られていました。そんな中、機械製造メーカーからの「ph13.1の強アルカリ性の水をつくる機械ができた」という話を聞き、ph12.5のアルカリ水との違いを吟味し、中堂薗氏は新しい機械の購入を決めました。
 2015年6月に購入した機械は、特殊な電気分解により生成された、洗浄に最適化された強アルカリイオン電解水(ph13.1)をつくることができます。この電解水は合成洗剤と同等またはそれ以上の洗浄効果を持ち、界面活性剤を一切使用していないため泡立ちがなく、すすぎ水や、二度拭きが不要になりました。さらにキッチンまわりの汚れやリビング・玄関・浴室等さまざまな場所で使用することができるようになりました。また、強力な洗浄力があるだけでなく、除菌や消臭の効果もより高くなりました。何よりもこれまでの清掃業務でかかっていた材料費を約10分の1に抑えることができるようになりました。

『CLEAR SHUSHU(クリアシュシュ)』の誕生

   この電解水を現場で使用した社員さんから「今までは薬品が強く手荒れがひどかったのですが、この水だと手が荒れません」という声が挙がってきました。この声を聞いて、薬剤による手荒れがひどくて清掃で困っている主婦、除菌効果があることから子どもが使用する玩具の手入れ、公衆トイレの便座にも使えるのではないかと中堂薗氏は考えました。そして何より、清掃業務で出た汚水は水処理をして処分されるのに対し、一般家庭で水回りやコンロの清掃をした汚水がそのまま下水道に排水されている問題の解決になると考え、一般に販売することにしました。「消費者の意識も、『少しでも環境によいものを』という考えに変わってきている」と中堂薗氏は話します。
 「自分が商品の名前をつけた」という思いがこの商品のファンづくりになると考え、商品名をお客様と共に考えることにしました。商品名の候補を6個に絞りフェイスブックで投票してもらい、その結果、商品名が『CLEAR SHUSHU(クリアシュシュ)』に決定しました。
 また、『人目につかないところに収納』という従来の清掃用洗剤のイメージに対して、リビングに置いても違和感がない、どこにでも持って行ける清掃用洗剤として、『手に取りやすいボトル&大人かわいいデザイン』をテーマに容器にも趣向を凝らしました。
 昨年8月より新規事業として自社商品の販売を開始。当初は、自社ホームページ、yahooショッピングで販売をしていましたが、12月に社屋の一部を改築し、店舗での販売もできるようにしました。

障がい者雇用を広げたい

 「地元企業が地域に貢献するには、地域にお金がまわる取り組みや雇用を生む必要がある。その中でも、障がい者雇用をしていきたい。現在、ビルメンテナンス業務では知的障がい者を4名雇用している。これからは、『CLEAR SHUSHU』の製造や袋詰め、シール貼りで知的障がい者を、パソコンを使用した顧客管理の業務では身体障がい者の雇用を考えている」。
 中堂薗氏は、環境によい商品を使うことで地元高原町の環境を守り、障がいを持っている方たちのために働きがいや生きがいを見出すことができる働く環境づくりのことも考えていました。

会社概要

創 業:1977年
設 立:1996年
資本金:650万円
年商:5,100万円
従業員数:26名(うちパート・アルバイト15名、障がい者4名)
事業内容:ビルメンテナンス業、マット・モップレンタル業、清掃用品販売
所在地:宮崎県西諸郡高原町大字西麓1533-2
TEL:0984-42-1972
会社URLhttp://www.lea-naka.jp
ネットショップURLhttp://lnos.jp

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS