シリーズインデックス:キラリと光る小さな企業

【第27回】笑顔の輪を広げる企業経営 (株)南国CBF 代表取締役 河野 当将氏(宮崎)(2017.12.06)

河野当将社長 (株)南国CBF 代表取締役 河野 当将氏(宮崎)

NANGOKU  (株)南国CBF(河野当将社長、宮崎同友会会員)がある宮崎県都農(つの)町は、2010年に起きた口蹄疫で甚大な被害を受けた地域です。東に日向灘を臨み、西は尾鈴の山並みが連なることから、都農町と隣の川南町は尾鈴地域とも呼ばれます。

 口蹄疫が発生した当時、バーを経営していた河野氏。輸入雑貨の卸をしていたときのイルミネーション用の資材で、都農駅前の飾り付けをはじめました。河野氏は、「口蹄疫で失われた地域の人々の元気と自信を取り戻したい。復興に役立ちたい一心だった」と当時を振り返ります。

 イルミネーションの飾り付けには、町内の若者たちが協力してくれました。自分と同じ思いで手伝ってくれた彼らともっと地域の将来を語りあう場所をつくりたいと思い、今の会社の前身となるフルーツ&ベジカフェNANGOKUをオープン。2016年3月に(株)南国CBFとして法人化しました。CBFは、コレクト・ビューティフル・フードの略で、ブドウやトマト生産者が多く、新鮮な農産物を仕入れられる都農町の強みを生かして、熟成したキャンベル(ブドウ)などの果物を加工した商品開発をしています。

社員の人生を預かる

 雑貨屋・バーと、ほとんど一人で走ってきた河野氏。現在は、5名の社員とパート・アルバイトの11名を雇用しています。「一人で経営をしていたときは、儲かってよかった、赤字が出て大変だと自分だけの問題として捉えていたが、社員を雇用するようになって『人の人生を預かっている。自分がいなくなっても社員の生活を守っていかなければいけない』と思うようになった」と語る河野氏。河野氏は、宮崎同友会に入会、2016年には第14期経営指針をつくる会(以下、つくる会)を受講し、「尾鈴がつなぐ笑顔の輪」という経営理念をつくりました。

社員と考えあう経営指針

 河野氏は、「社員数が少ない会社で、いつも一緒にいるのになんでオレのやりたいこと、思っていることが分からないんだろう」と思っていましたが、同友会での学びの中で、「自分が何を学び、何を感じたのか話していていない。自分が考えていることを何も言っていないのに分かるはずがない」と気づきます。「その気づきがあったから毎回、つくる会から帰って1時間ぐらい社員に自分が学んできたことを話して、知識の共有をしていた」と語る河野氏。つくる会を卒業してすぐ、2016年11月に社員に経営指針を発表しました。

 つくる会で学んできたことを共有していましたが、うまく伝わらず、自分たちには関係のない社長がつくった「経営指針書」になっていました。河野氏は、社員と一緒につくった経営指針で会社を経営したいと強く思いました。発表した経営指針をもとに、各部門で方針・計画を考えあい全体会議ですりあわせを何度も行いました。その中で、「この方針・計画で、生産者・消費者・自分たちが笑顔になれますか」と、経営者・幹部・社員双方が何度も経営理念に立ち帰って作成した経営指針を翌年4月に改めて社員に発表をしました。

 「常に何のためにこの仕事をしているのか?を社員と常に確認しあいながら経営をしている」と河野氏は語ります。

都農町の魅力を発信

 (株)南国CBFのコンセプトは、「都農町の魅力を発信」。尾鈴豚を使ったソーセージや地元で生産されたブドウやミカンなど旬の食材を使った生搾りジュースを販売しています。生搾りジュースは、移動販売車で出かけ、各地で行われるイベント会場で販売をしています。

 また、2015年からは、(株)南国CBFがリブランディングをした尾鈴豚のソーセージが都農町のふるさと納税の返礼品に加わりました。2016年には、楽天のふるさと納税ランキングで全国2位を記録。yahooのふるさとチョイス加工品部門では、常に1〜3位を保持しています。

 イベント販売やふるさと納税返礼品で売上を伸ばすなか、尾鈴地域外の生産者から「うちの材料も使ってくれないだろうか」と相談を受けるようになりました。その商品開発の相談を受けて、社員とともに経営理念である「尾鈴がつなぐ笑顔の輪」に照らして引き受けてもよいだろうかと考えました。その中で、「今まで尾鈴の商品で笑顔をつなぐと考えていたが、尾鈴産の商品に関わらず尾鈴で加工した商品で笑顔を発信してつなげていってもいいんじゃないか」という考えに至りました。

 「経営理念の実現に向けて、社員と一緒に走っていることが実感できてうれしい。何より社員と理念の実現に向けて意見を言いあえる会社になりつつあることが一番うれしい」と河野氏は語ります。

経営理念

「尾鈴がつなぐ笑顔の輪」
 蘇らせます 大地の力を生きる力に
 つなげます つくる人と食する人を
 育みます 故郷を愛し 思いあう心を

会社概要

創 業:2012年
資本金:300万円
年 商:2億3,000万円
従業員数:16名(うちパート・アルバイト11名)
事業内容:ローカルフードプロデュース(尾鈴豚ソーセージ、旬の生搾りジュース)
所在地:宮崎県児湯郡都農町尾大字川北4858-2
TEL:0983-25-1686
URL:http://nangoku-tsuno.com/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS