シリーズインデックス:経営革新する元気印企業

【第2回】現場を一番知っているのは社員―垂井西濃集配(株) 社長 桐山 善朗氏(岐阜)(2008.08.06)

  垂井西濃集配(株) 社長 桐山 善朗氏(岐阜)

戦後の大八車の運送から

   垂井西濃集配(株)(桐山善朗社長、岐阜同友会会員)は、現社長の祖母が、第2次大戦後に大八車を引いて、垂井と大垣の間の生活物資を運ぶ仕事をしたことが始まりです。

 桐山氏は2004年に岐阜同友会に入会、社員が自主的に働く、地に足のついた経営をしたいと考えていました。経営指針をつくろうと考えたきっかけは、05年に社員から「この会社は先が見えないからみんな辞めていくんです」と言われたことでした。06年には滋賀同友会の「経営指針を創(つく)る会」に参加し、昨年4月に指針を発表、経理も公開しました。

 その際には、創業の思いに立ち返り、代理店業と物流商社事業のほかに「地元のための運送事業」を新たに展開していくことを決意しました。
 

社員に「任せる」ということ

 98年、後継者として社長に就任した桐山氏は、社員は高齢化し、仕事も忙しい中、すべて自分でやらなければならないと思い込み、先のことを考える余裕もなく仕事をしていました。ところが社員には覇気がなく、自分がいうことをなんでも聞くロボットのようになっていることに気づきました。

 そこで桐山氏は、現場の配車係をベテランドライバーに任せてみたり、採用したばかりの20代の社員から「毎週1人ずつ交代で土曜休みにしてほしい」と出された要望を聞き、「しぶしぶこたえる中で、社内の雰囲気が変わっていきました」と言います。

 2年前からはさらに休日を増やし、ドライバー1人が交代で平日に休みを取れるようになりました。「そんなことはとても無理だと思っていましたが、やればできる。できないと思っていたのは私だけ。現場のことは社員の方がよく知っていることを痛感しました」と述懐します。
 

給与体系も社員の声を聞いて

   日給月給制だった同社が、業績連動型にしたのは05年。基本給、業績給、役付加算、車両手当という4部構成にし、基本給で4割、業績給6割の比率にしました。評価基準について社員と相談したところ、幹部社員から「勤続年数を評価してほしい」と要望が出され、定期昇給の原資に不安は残ったものの、実施することにしました。

 また、車両の購入も社員に任せ、予算を50万円も上回るトラックを希望してくることもありましたが、「任せた以上は文句は言わない」と、社員が乗りたいトラックにすることで、見違えるように積極的に仕事をするようになりました。
 

採用も社員に任せる

 ドライバーの採用・教育も幹部社員に任せるようになりました。

 「私が採用したドライバーは次々辞めていきましたが、幹部社員が採用するようになって『自分が採用した人だから、育てなければ』と自覚を持つようになり、それからドライバーは1人も辞めていません」。「私たちは、輸送サービスを通じて、笑顔で満ちあふれた社会を創造します」の経営理念の下、「社員から経営計画が出され、地元のための輸送業としての事業をつくっていきたい」と、桐山氏は笑顔で語ります。

会社概要

設 立:1985年
資本金:1000万円
社員数:15名
年 商:1億2000万円
業 種:運送業
所在地:岐阜県不破郡垂井町
TEL:0584-22-0431

※本記事は『中小企業家しんぶん』2008年3月25日号より抜粋しました。

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS