シリーズインデックス:人が育つ中小輝業

【第32回】採用を通じた会社づくり マルイチエクソム(株) 代表取締役 新谷 幹夫氏(大阪)(2019.02.20)

新谷幹夫社長 マルイチエクソム(株) 代表取締役 新谷 幹夫氏(大阪)

 社屋外観  大阪市の東、中央環状線に面した門真市の一角に、マルイチエクソム(株)(新谷幹夫社長、大阪同友会会員)の本社があります。3階建て、細長い工場の周囲には製品が山と積まれ、繁盛の毎日を物語ります。地続きの農地に自社倉庫を建設中で、完成すればラインのゆとりを確保できるようになります。

生産を増やしながら人手の確保に悩む毎日

作業の様子  2006年、自社工場設置とともにそれまでの丸一化成工業(有)から社名をマルイチエクソム(株)としました。家電製品が海外生産となっていく中で、自動車部品へのシフトをすすめていきました。しかし、得意先の要望でまとまった数量の製品を納めることを求められ、その数に満たない場合には発注取りやめとなる怖さから、このままでは仕事がなくなると考え、増産の道を選びました。短期間で巨額の投資、事業所規模を大きくし、プラスチック・ブロー成形事業*として大阪の業界ではナンバー1・2になりました。

 工場の人手の確保のため、手当たり次第に雇用しました。「大阪同友会に入会前は外国人の不法就労にもかかわってしまい、入国管理局に注意されたことも…」と新谷氏は当時を振り返ります。

 そんな中、いつまでもそんな危ないことは駄目だと周囲にたしなめられ、同友会の共同求人部に入りました。新卒採用では義務とされる保険関係や就業規則を整備して高校求人に力を入れ、人材の雇用をめざしました。また、正式な外国人研修生の受け入れに取り組みました。しかし、高校新卒で採用し5年たってベテランになった社員と、中途採用で年上の新入社員とが衝突して辞めてしまいます。社員がなかなか定着しないという悩みを抱える毎日でした。

*ボトルや中空成形品を作るための技術。自動車部品40%、介護用品30%、建設・農業機械部品15%、他家電の部品などを手掛けています。

2008リーマンショックのあとの効用

 リーマンショックでは売上が半減し、万事休すかのように思われました。「ずっと同じ規模で会社を続けることができればよかったのに」。新谷氏は事業拡張を後悔しました。しかし、リーマンショックのあとの経済にはよいこともありました。セーフティーネットの貸し出しを銀行が押し進め、中には新卒採用を継続していることで金利が格安になる商品もあり、ピンチをしのぐことができました。この時はじめて「世の中から必要とされる会社、地域にとってなくてはならない存在」となっている自社を実感しました。

 あわせて採用環境は一気に有利になり、2009年から大卒求人にも取り組みました。同友会の経営指針成文化セミナーを再び受けて、今の経営理念をつくりました。「私たちは一丸となって“気持ちのよい会社”をつくります」。この短い一言は、新谷氏の集大成です。外国人技能実習生にも、卒業したての若い人にもわかりやすく、気持ちのよい会社と集約されています。そこにはものづくりの存在感、すべての人を思いやる連帯感、生きがいのある人生への達成感が読み込まれています。

やらねばならない困難なことを見つけた社員が残る

 新入社員に対する新谷氏の教育の核心について、数秒の静寂のあとに、気持ちを吐き出すように自らの体験を語りました。

 「最初のころに採用した社員に比べると、最近採用した社員はコミュニケーション能力も高く、ついつい期待しすぎて自ら積極的にかかわっていきましたが、そうすると新入社員は私の言うことは聞いても先輩の言うことを聞かなくなる。これはまずいと思い、新入社員に直接かかわることを控えるようにすると、ここ数年で採用した社員がどんどん辞めていく。最初のころ共に汗流した者だけ残ってくれているが、次の世代は残っていない。懇切丁寧に教えるよりも窮地に立たされ、それを自分がやらなければならないことに気がついた者が残っているのが当社の現実です」と身につまされる言葉。

 「結局、自らが体当たりでかかわった社員がいつも最後までがんばってくれている。彼らは不器用だが彼らを中心にした年功序列型の組織づくり、彼らが次の社員を教えていく組織風土をつくり上げるしか道はありません」。

 2013年に同じ門真市内に都市型新工場も設置し、ますます将来に向けて人材の雇用を必要とします。中小企業が新卒採用をするのは容易ではありませんが、門真市のものづくり企業ネットワークにも参画し、会社の将来を担う人材の計画的な雇用と育成に尽力しています。「門真ものづくり企業ネットワーク(同友会会員も参加)人材部会」が開催する高校求人で、希望に燃える若人が同社に入ってきています。人を育てる喜びが必ずやその道のりにある、明るい笑顔がそろう「気持ちのよい会社」が目の前に開けています。

経営理念

わたしたちは一丸となって“気持ちのよい会社”をつくります

会社概要

創 業:1970年(丸一化成工業所)
資本金:2,148万円
年 商:5億5,700万円(2017年4月期)
従業員数:57名
業務内容:プラスチック製品製造業
所在地:大阪府門真市稗島380(本社)
URL:http://maruitixsomm.co.jp

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS