シリーズインデックス:人が育つ中小輝業

【第35回】「若者、地域から選ばれる企業づくり」  (株)アート不動産 代表取締役 櫻井 大介氏(岩手)(19.03.13)

 \; (株)アート不動産 代表取締役 櫻井 大介氏(岩手)

 \;  櫻井氏は当初、父(現会長)の創業した不動産業を引き継ぎたいと思ったことはありませんでした。鍼灸師になりたいと思っていました。そのときに両親が「昔から自分がやりたいことがある、と言ってきたのだから、好きにやればいい」と言ってくれたことで、「自分の道は自分で決める」という意識が生まれた、と話します。これが同社の社員教育や採用の考え方につながっています。「絶対にうちに入ってください」とは一切言いません。内定を出した方にも「自分で考えて決めてほしいと」、伝えています。

社員が誇りを持てる会社をつくりたい

 会社に戻った12年前から櫻井氏が直接、学生の前に立って新卒採用に本気で取り組んで来ました。社員が誇りを持てる会社にしたい、入りたいという会社にしたいというのが、戻ってきたときの思いでした。「アートさんいつも電話に出る人が変わっているよね」、と言われるのがつらかったと当時を振り返って話します。

 最初は本屋さんで2冊本を買うことから始めました。「大卒なんか入ってくるわけないじゃないですか」、という声が社内から聞こえてきたり、「うちの会社みたいなところに」、という声もありました。でもやるしかないと思い続けてきました。

 現在の採用倍率は高いときは30倍前後にまでなりました。しかし採用方法は特別なことをやっているわけではありません。合同企業説明会や学内の説明会に繰り返し繰り返し出て、「会社の個別説明会に来てください」、と伝えるだけです。

聞かれたことには100パーセント答える

 「わが社はいい会社だ」と言っても、学生には実際に数字を示してあげないと、理解してくれません。説明会では、離職率なども全て包み隠さず学生に公表します。アンケートには「こんなに正直に話す会社初めてです」と学生は書いてくるほどです。

 また、どういう人を採用するかということも明確にし、伝えています。価値観を明確に示すことで、学生にはこの会社絶対入りたい、か絶対入りたくないか分かれるくらいでいいと考えています。

 最近では学生さんと社員とのフリートーキングの時間を大切にしています。どんなことを聞かれても100パーセント答えます。内定までに5回はお会いすることになりますが、正直に全部話して、あとは学生に判断してもらう。これが現在の若者から選ばれる社風につながっています。

社長が採用の最前線に立つ

 櫻井氏は企業説明会でブースに立ち、学生に厳しいことを言われ続けたときに、「自社の強みって何なんだろう」と考え続けました。「仕事って面白いと思う。一緒にやらないか」と直接社長が伝えることの重要さに気づき、社内にも同じく、その思いを伝えていきました。

 社長は新入社員研修に関わる5日間はほかの仕事は全てキャンセルして社員につきます。また歓迎会にはどんなに忙しかろうと、仕事があろうと必ず幹部全員が出席します。新入社員は大切なんだ。みんなで採用した社員をみんなで育てていこう、と呼びかけています。

ここで生きていく決意

 この12年、櫻井氏は採用の前線に立って、こういう会社にしたいと伝えて採用し続けてきました。そうして新卒採用し、続けて頑張っている社員が現在では20名近くになりました。「ここで逃げてしまったら、信じて入社してきてくれた社員に嘘をつくことになる。腹をくくるしかない」。そう櫻井氏が決意したときに、ここで生きていこうと信じてついてきてくれている社員が沢山出てきました。若者、地域から選ばれる会社づくりの原点は、後継者として、経営者として腹をくくることにあります。

社員さんの声

林 沙央里 さん 氏名:林 沙央里 さん(資産管理部)(入社2年目)

Q1.仕事の内容
 資産管理部に所属し、賃貸物件をお持ちのオーナー様に家賃振込をする送金業務や、お部屋を借りていただいているお客様からの修繕依頼や不具合があった場合の対応を行い快適にお暮らしいただけるような仕事をしています。

Q2.入社の動機
 大学時代に地域政策を学んでいたので「地域」のことに関われる仕事につきたいと漠然と考えていました。その時学内説明会に参加し、社長のお話を聞いて、会社が目指している未来や不動産業は地域に大変密着し、地域の中でも大切な仕事だと感じました。また、社長からは「ありのままのアート不動産」を見て、感じてもらうことを大切にしているというお話を聞きその誠実な言葉に感銘を受け、入社したいと決意しました。

Q3.社内の雰囲気
 同年代の社員や先輩も多く、大変コミュニケーションが良いと思います。仕事上の悩みを聞いて励ましてくれる先輩などもおり、本当に感謝しています。また、社内レクレーションも充実しておりとても風通しがいい雰囲気だと感じています。

Q4.仕事をする中でのやりがい
 やはり、お客様から「ありがとう」という言葉を頂いたときは本当に嬉しく思います。
 また、賃貸物件をお持ちのオーナー様との年数回の交流会では普段電話のみでお声を聞いたことがないオーナー様とお会いでき、お話できるので今後は顔も覚えていただけるように努力していきたいと思います。

【会社概要】

設立:1983年
資本金:2,000万円
事業内容:
不動産の賃貸仲介、不動産の売買仲介、賃貸不動産の総合管理、月極駐車場・コインパーキングの管理、トランクルームの管理、リフォーム・リノベーション、不動産有効活用コンサルティング、相続コンサルティング、宅地造成・分譲、生命保険・損害保険・共済の代理、高齢者住宅の運営、太陽光発電の運営
従業員数:61名
本社所在地:岩手県盛岡市本宮3-11-11
URL:https://www.art-f.co.jp

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS