シリーズインデックス:人が育つ中小輝業

【特別版】技術力で地域にあてにされる会社に (株)栄進電工 専務取締役 鎌田 直樹氏(宮崎)(2019.05.29)

鎌田直樹専務 (株)栄進電工 専務取締役 鎌田 直樹氏(宮崎)

社員が気持ちよく働ける場

 3年前に社屋を新築しました。全員が集まれる会議室、現場で汚れても洗い流せるシャワールームのあるロッカー室、食堂は畳で休めるスペースも作りました。社員が気持ちよく働ける職場をと思っています。

わが社の強み

 電気工事ももちろんしますが、わが社の強みは配電盤、つまり電気制御の脳みそにあたる部分をつくれることにあります。自分たちで設計して、回路を組み込み、それを現場で取り付ける。スイッチを入れた瞬間にお客様の望みどおりに動き出す達成感を感じる瞬間です。

「人」が大きな強み

 私は他社で3年経験を積み、13年前に24歳で入社しました。そのころは、いつ休めるか分からない、先輩の指導が厳しいなどで、離職がとても多い会社でした。現場の動きを予測し急な休日出勤をなくしたり、難しい仕事を若手が先輩から譲り受けて自信をつけるなどしながら、少しずつ会社が変わり、離職が減りました。技術が、会社の中に蓄積されるようになったのです。それから、8年ほど前、どの現場でも高齢化が進んでいることに気づきました。人手不足と言われる少し前です。その時から意識して若い人を採用してきました。早くに取り組んだことで現在32名の社員は、20代から60代までバランスよく在籍しています。

同友会に入会して就業規則を見直し

 宮崎同友会には入会して一年半経ちます。昨年、同友会の部会で就業規則の勉強をしました。実は、その前に1人の社員から「就業規則に書いてあるけれどできていませんよね」と言われたことがありました。社長は「いや書いていない」と済ませていたのですが、勉強会のあと確かめると書いてあるのにできていないことがいくつもある。「これはいかんなぁ」と思って、その社員にも「指摘してくれてありがとう。今度見直します」と話をしました。

 同友会の仲間である東社会保険労務士と相談しながら、期が変わる7月に社内で発表できるように準備をしています。取り組みたいと思ったときにすぐに相談できる相手がいるというのは、「同友会会員でよかったな」と思います。

今後の展望

 わが社の強みを磨き上げるには、技術力を上げていかなければなりません。先日、同友会会員の方にセミナーをお願いしました。社内で受講希望を聞いたら、半分以上の社員が手を挙げました。社員は学びたい、成長したいと思っているんだとあらためて気づかされました。会社としてもっと学ぶ場をつくり、確かな技術で知名度を上げていきたいと思っています。

会社概要

事業内容:一般電気工事、官庁関係工事、自動制御盤製作、プラン卜電気工事
従業員数:32名
所在地:宮崎県都城市郡元町3339-2
TEL:0986-23-6874

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS