シリーズインデックス:激動をよき友に

【第17回】「CYCLEようかん」で笑顔を増やす〜氷見から世界をめざして 松木菓子舗 代表 松木 功太氏(富山)(2020.12.09)

松木功太代表 松木菓子舗 代表 松木 功太氏(富山)

はじめに

店舗の中  富山県氷見市に店舗を構える松木菓子舗(松木功太代表、富山同友会会員)は、1949年創業で、3代目である現代表の祖父の代から続く和菓子屋です。店内に並べられているお菓子はどれも素材にこだわり、地元の食材を積極的に取り入れ、松木家の畑でとれたカボチャやサツマイモを使用するなど、伝統的な和菓子にとどまらず、洋菓子の要素を加えた新しい和菓子にも挑戦しています。

コロナ禍の中で地域の和菓子屋にできることは

 新型コロナウイルス感染拡大により、4月23日の県の休業要請を受け、5月6日まで店舗の臨時休業を決断しました。お菓子は予約販売のみとし、オンラインショップでの注文の受付を継続。パート従業員とは今後のことをしっかりと話し合い、1カ月の休業をお願いしました。売上のメインだった冠婚葬祭での需要は激減し、5月は昨年の7割減と落ち込みました。「お菓子は人と人をつなぐものであり、みんなの笑顔のエネルギーになるお菓子を作りたい」と、松木氏は地域の和菓子屋として何ができるのか考え続けました。

CYCELようかん  そして、開所したばかりの氷見市ビジネスサポートセンターへ相談に行き、相談を重ねる中で、自転車愛好者が栄養補給のためにようかんを携帯する習慣があることにヒントを得て「CYCLE(サイクル)ようかん」の開発に取り組みます。祖父や父が残したレシピをもとに試作を繰り返し、無添加にこだわり、ミネラル補給のため塩分を通常の2倍に増やし、一口サイズで食べやすいよう工夫しました。パッケージは、世界最高峰の自転車競技大会であるツールドフランスの主要4賞の選手に贈られるジャージをイメージしており、黄色・緑色・赤の水玉・白色の4種類。ゴールを決めて商品開発に取り組んだことで、どのようなリリースが望ましいか常に考え、今までにないスピード感をもって新商品を開発することができました。

 氷見市ビジネスサポートセンターとの協働商品第1号として各種メディアでも取り上げられ、オンラインショップでの通販も含め、すでに団体からの注文も多く受けています。

地域の仲間とともに

 富山同友会に入会して一番学んだことは「視野が広がったこと」と松木氏は言います。以前は意識することがなかったが、あらゆるものに誰かが関わっていることに気づかされ、異業種の経営者との交流はこれまでの考え方を変えるきっかけとなりました。また、地域の高校の自転車競技部にようかんの寄付を行うなど、地域の経営者仲間とともに地域に根ざした経営を常に考えています。

氷見から世界へ向けて

 冠婚葬祭の需要は今も落ち込んだままで、コロナ前の水準に戻ることは簡単ではありません。また、新商品は打ち出して終わりではなく、これからがスタート。「栄養価の面や片手でスムーズに開けられるようなパッケージへの改良など、バージョンアップの余地はまだまだ残されている」と松木氏は語ります。そこには、どのような形でお客様にお菓子を届けられるか日々模索している松木氏の、よりよいものにしていきたいという強い思いがありました。

 今年8月、コロナ禍の中でもツールドフランスが開催され、地方の小さな大会の再開に向けた大きな希望となりました。目標は氷見からフランスへ、世界の舞台で選手にようかんを食べてもらえるよう、氷見の和菓子屋の挑戦は続きます。

経営理念

私たちは、おもてなしを追求し、感動を与え笑顔を増やすお手伝いをします。
私たちは、身の回りの人・もの・自然を充実した財産と考え、共存共栄を目指します。
私たちは、お互いに支えあいながら成長し、人としての喜びを実現できる場を目指します。

会社概要

設 立:1949年
年 商:2000万円
事業内容:食料品製造業(和菓子屋)
従業員数:3名
所在地:富山県氷見市鞍川1037-4
TEL:0766-72-0983
URL:https://www.matsukikashiho.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS