シリーズインデックス:新時代を切り拓く中小企業

【第24回】シャッターが下ろされるその前に!“まちおこし人”がつなぐ大家さん協働型事業承継 そうま屋米酒店 相馬 康穫氏(青森)(2023.2.1)

 \; そうま屋米酒店 相馬 康穫氏(青森)

 2022年11月23日、津軽地方の小さな町に新しいカフェがオープンしました。カフェの名は「Craft&Café RAITO(ライト)」。そこには「日本の田舎町再生のお手本になる」という情熱にあふれる一人の同友会会員の想いが詰まっています。人口流出の歯止めと地域再生という全国の地方が抱える課題に対する一つの解決策について取材しました。

田舎町再生

 \;  津軽地方の南端に位置する大鰐町は人口8千人余りの温泉とスキーの町です。スキーブームの全盛期には大変なにぎわいをみせた同町ですが、現在では駅前もさびれ、高齢化が加速。温泉街として飲食店や土産物店が立ち並んだエリアも元気が失われつつありました。
 その大鰐町でお米とお酒を扱う「地酒の駅 そうま屋米酒店」を営む相馬康穫氏(青森同友会会員)は20年以上前から「全国の田舎町再生」をキーワードに活動を続けてきました。2021年3月には一つの通過点として100%民間出資の地域商社「大鰐まちづくり笑社(株)(以下、笑社)」を立ち上げ、アンケートを実施して後継者のいない町内事業所を抽出。事業所がシャッターを降ろしてしまう前に事業承継に取り掛かるという取り組みを始めています。相馬氏は「一度、閉店してしまうと再開するのは困難。そうなる前にスピード勝負で後継者をつくっていくことが大切」と語ります。カフェはその第1号としてオープンしました。

お土産店を「間借り」

 大鰐駅前で1960年から続く「山崎おみやげ店」を営む山宏子さん(86)は後継者がなく、年齢とともに廃業せざるをえない状況にありました。街の顔とも言える駅前から店舗がなくなることを危惧した笑社は事業承継の準備に取り掛かります。相馬氏の人脈から起業をめざす、共に24歳で青森市に住んでいたKINARIさん、YUUIさんという男女2人を笑社の社員として採用、カフェとクラフト雑貨を扱う店舗をオープンすることにしました。店内には若手クラフト作家の作品が並び、兵庫県神戸市に本店を置く「a la ringo(あら、りんご。)」のアップルパイ、自家焙煎のコーヒーなどを提供しています。店舗の一部は山さんが土産物や飲料・軽食を扱う販売スペースが残され、2つの店舗が共存しています。ひとつ屋根の下で両者が営業しながら、ゆるやかに事業承継を進めていくということが大きな特徴になっています。店名の「RAITO(ライト)」には「周囲を照らす明かり(Light)になる」と「店舗の右側(Right)を間借りして商売をする」という意味が込められています。

地域から日本全国に元気と笑顔を

 \;  「大家さん共働型事業承継」と名付けられたこの事業は、全国の地方が抱える問題に一つの解決策を示しています。地域商社の社員として若者を雇用し、独立に向けた支援を行いながら、高齢化の進んだ商業エリアの若返りを図り、地域の活性化に貢献することができます。さらにはひとつ屋根の下で毎日顔を合わせることで「見守り」にもつながると相馬氏は言います。山さんは「いい若い人が来てくれてありがたい。もう(店を)閉めてしまおうと思っていたところにこの話をもらってうれしいです」と目を細めます。カフェの店長を務めるKINARIさんは「もともと自分で商売をしたいという思いがあったので、チャンスと思い(笑社に)入社しました。移住することにさほど抵抗はありませんでしたし、住んでみるととても住みやすい町です。オープンして驚いたのは地元のおじいちゃんやおばあちゃんが通ってきてくれることです。孫のような存在として接してくれるのがうれしいですね」と話してくれました。笑社ではこの取り組みを順次、後継者のいない町内事業者に働きかけ、将来的には県内から県外へも動きを広げていく計画です。すでに視察の申込みも舞い込んできているといいます。発想から20年越しに実現したこの取り組みに相馬氏は「ここを通過点として『日本の田舎町再生のお手本づくり』は始まったばかり。地域からのアプローチで日本に元気と笑顔を増やしていきたいですね」と意欲をにじませます。

会社概要

創業:1935年
従業員数:6名
事業概要:オリジナル地ビール「津軽路BEER」の製造・販売。県内外の
     有名蔵元の日本酒、焼酎、青森県産をはじめとしたワイン、シ
     ードルの販売
所在地:〒038-0211 青森県南津軽郡大鰐町湯野川原109-7
電話:0172-48-3034
HP:https://www.oowani-soumaya.com/

大鰐まちづくり笑社株式会社
2021年3月設立。資本金350万、従業員数5名。
所在地:地酒の駅 そうま屋米酒店内

Craft&Café RAITO
所在地:〒038-0211 南津軽郡大鰐町大鰐前田68-10
電 話:0172-55-0448

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS