シリーズインデックス:経営革新する元気印企業

【第35回】「製造業もサービス業」として新展開 (株)オーザック 社長 岡崎 隆氏(広島)(2009.05.20)

岡崎社長 (株)オーザック 社長 岡崎 隆氏(広島)

戦略の柱は顧客満足(製造業もサービス業)

会社全景  (株)オーザック(岡崎隆社長、広島同友会会員)はワイヤーロープの端末金具、橋梁・建築金物、半導体製造、装置の設計・製造・販売の会社です。

 岡崎氏は7年前、レストランを経営する親友が、サービス業として徹底的に顧客満足度を上げる努力をしているのを見て、「製造業は良いものを造ることに注力する一方で、顧客の方を向いていないのではないか」と思うようになりました。そして、翌年のスローガンとして「製造業もサービス業」を掲げ、社員の知恵を借りながら、さまざまな取り組みを展開しています。

週2回の在庫表のFAX送付

 まず、取引先へのFAX送付があります。取引先の営業マンが営業先で、納期や見積もりについて素早い対応ができるよう、週2回、同社の在庫表を送付しています。取引先の営業支援ツールとなって、大変喜ばれるとともに、他社との比較にはならず、そのまま自社への発注につながる仕組みとなりました。

見積もり依頼は30分以内に返事

工場内風景  また、見積もり依頼は30分以内に返事するようにしています。製造業では早くて2~3日、1週間かかることもよくあります。
 このような状況をふまえ、同社では汎用品、在庫品の見積もりは30分以内に返答、特注品については24時間以内に返答、もし、24時間以内に返答ができないような状況があれば、いつ返事ができるか、どのような状況で返事ができないのかを必ず24時間以内に依頼元に連絡するルールにしました。

 当初、社内でも「無理だ」という意見もありましたが、できない原因を明確にして、できる仕組みをつくってきました。
現在では、在庫管理の徹底で、納期や価格がすぐに返事ができるように総務部がバックアップしたり、営業部から製造部に見積もりに関する相談があれば、営業部に30分で返事ができるように、製造部でも営業部のバックアップ体制を整えるまでになっています。

製造過程を写真で報告

 さらに、製造過程を写真撮影して取引先に随時報告しています。同社では朝礼が終わると営業部のメンバーが携帯電話を片手に工場内に出向きます。携帯電話についているカメラ機能で製品を撮影し、メールで送信するためです。

 これは、お客に大きな安心感を与えるとともに、お客がその先のお客、最終納品先に対して安心感を提供し、信頼関係を結ぶのに大きな力を発揮しています。このような同社への安心感が、見積もりで他社と比較して少々高い価格でも、発注してもらえる付加価値につながっています。

戦略の中核に中期ビジョン

 これらの背景に中期ビジョン(5カ年計画)があります。5年先を見据えてどのような取り組みが必要か、社員とともに考える社風が生まれ、さまざまなアイデア(戦略)が出てくるようになりました。
「5年後の目標が明確だからこそ、それに向かうための戦略が生まれてくる。中期ビジョンを明確にした経営指針の全社的実践こそが、企業発展の原点だと考えています」と岡崎氏は力強く語っています。

会社概要

設 立: 1945年
社員数: 36名
資本金: 3000万円
業 種:ワイヤーロープの端末金具 橋梁 建築金物 半導体製造 装置の設計・製造・販売
所在地:広島県福山市鞆町後地26-229
TEL : 084-982-3258
URL http://www.auzac.jp/


「同友ひろしま」2月号より

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS