シリーズインデックス:付加価値を高める

【第16回】地域を元気にしたい!!~人の縁を力に~(株)浜村建設 専務取締役 浜村一彦氏(島根)

浜村専務 (株)浜村建設 専務取締役 浜村一彦氏(島根)

地元でよく知られた建設会社

社屋  (株)浜村建設(浜村一彦専務・島根同友会会員)は、出雲市で一般住宅から公共工事まで幅広く手掛ける総合建築会社。業歴は60年を数え、出雲では老舗で、よく知られた会社です。
 昨今の厳しい業界の中にあっても、「お客様の生涯利益を実現するために知恵と技術と誠意をもってすべてのことにあたる~お客様の成功(幸せ)だけが我々の成功を保証してくれる~」を経営理念として掲げ、安定した業績で推移しています。

建築業界の展望と地域への思い

 平成に入り地元建築業界の市場が小さくなっていく中、浜村氏は「このままでは生き残れない、大変だ」と危機感を持ち、必死に生き残り策を模索するようになります。
一方で、地元である出雲市は人口約15万人と島根県で2番目に大きい市であるにもかかわらず、地元商店街に元気がなく、シャッターが目立って寂れた状況になっていました。

 「地元を元気にするには消費が発生する繁盛店ができることである。繁盛店が増えれば消費の連鎖が起き地元が元気になる。当社が長い間建築会社として事業を続けてこられたのは、地元の人のおかげ。いままでお世話になった地元の店が繁盛するお手伝いをしよう」浜村氏はそうした考えに至り、一人で社内にマーケティング事業部を立ち上げました。

 すぐに経営への成果が期待できませんでしたが、「地域が元気になれば、建築の仕事は自然に出てくるに違いない」との思いと、「会社にまだ余力があったから取り組めた」からと、浜村氏は言います。

地元密着マーケティング活動~消費行動調査

 浜村氏は、まず消費者の声を知ることからと、地元の消費者の購買動向を調べ始めました。

 幸い、浜村建設には、過去に建設した多くのお客様(OB顧客)がいました。OB顧客から600人を抽出し、一軒一軒自分の足で「地元を元気にしたい」という思いを伝え、アンケート調査を約3カ月かけて実施。購買行動にかかわる40項目にもわたるアンケートでしたが、快く回答してもらうことができました。
 「これも経営理念をもとに建てっぱなしにせず、引き渡し後もフォローをしっかりしていてOB顧客と良好なつながりができていたからこそできた」と浜村氏は言います。

 このアンケート結果をもとに、消費者の声をいろいろな角度から分析し、地域の消費行動を小冊子「商売繁盛の秘訣 ~答えはお客様に聞け~」にまとめました。浜村氏は、「このおかげで、地元の消費行動についてはだれにも負けないほど詳しく把握できた。これがコンサルティングする時の重要なツールとなっている」と言います。

地元のにぎわいを取り戻すお手伝いを~情報発信

 困っている経営者に向けて原則無料での店舗デザインや販促戦略の策定、事業サポート等、といった個別にコンサルティングするだけでなく、地域の経営者を対象に「あきない塾」というセミナーをシリーズで開催し、情報提供を行いました。8回開催で延べ200人が参加しました。

だんだん倶楽部会報 一方で「地域を元気にしたい」という姿勢を伝え、地元の元気な人や魅力ある店を紹介する「だんだん倶楽部会報」(だんだんとは方言で「ありがとう」という意味)という無料の情報誌を毎月発行することを始めました。
 A3判の紙面に地元の人や店を紹介したもので、2004年9月に創刊し、創刊当初会社のお客様を中心に配布していたため300部だった発行部数は、号を重ねるごとに会報を通して人の縁が広がり、今では4,000部を超えるまでに。この情報誌の読者を中心に、「だんだん倶楽部」というインターネット上のコミュニティーもつくりました。

人の縁を力に

 当初無関心であった社員も、お客様から情報誌の話をよく聞くようになり、情報誌の存在価値に気付き始めました。2年前からは、会社一体となって情報誌を営業ツールとして活用し始め、現在ではお客様に信頼感を与えるものとして、営業支援につながっています。

 この情報誌を媒介してできたネットワークを通して、浜村建設は、自社と読者とを結ぶ
「だんだん倶楽部会報」の情報発信機能と、コミュニティー「だんだん倶楽部」による情報収集機能との双方向の情報網を持つことになりました。このネットワークは、コンサルティングの実践の場として、またアンケート収集や店の紹介等、元気な店づくり・地域づくりに寄与していています。さらに、収集したお客様の声等の情報は、朝礼等にて社員全員で共有しています。

 一方このネットワークが広がる中で、浜村建設というブランドイメージが高まって浸透し、「潜在顧客確保」という力になり、これから会社の力になることが期待できるようになりました。実際にこれらのネットワークから徐々に仕事の紹介も入るようになってきました。

 「『だんだん倶楽部』というコミュニティーに属していることで、地元の消費者にも企業にも『安心感』と『信頼感』、さらに『楽しさ』が感じられるようなネットワークになるようにしていきたい。そのために、消費者と企業、企業と企業をつなぐお手伝いができればと思います。サービスを提供する人、サービスにかかわっている人、サービスを受ける人、さらに地域がみんなハッピーになればいいですね」。浜村氏は熱く思いを語ります。

会社概要

創 業:1950年
資本金:2000万円
年 商:約10億円
業 種:総合建設業、コンサルティング
従業員数:40人
所在地:島根県出雲市大津町597
TEL:0853-21-1673
URL:http://www.hamaken-web.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS