シリーズインデックス:付加価値を高める

【第35回】社員のため、が革新的製品開発に (株)山口工業 専務取締役 山口智仁氏(神奈川)(2010.12.22)

山口専務 (株)山口工業 専務取締役 山口智仁氏(神奈川)

 神奈川県平塚市にある(株)山口工業(山口智仁専務、神奈川同友会会員)は、2011年で創業60周年を迎えます。同社は、創業以来、自動車板金塗装のプロフェッショナル集団として、各取引先から高い支持を得ており、今日まで経営を揺るがす困難な状況を迎えたことはありません。

会社は社員が主役、経営者は演出家

社員とともに  山口氏は、学生時代、マスコミ志望でしたが、父親が経営している同社でアルバイトをするうちに同社にある特許等、同業他社にはない隠れた財産が多くあることに気付き、それを世に出したいという強い思いから入社しました。
 入社当初は、「社長の息子」という変なプライドが邪魔して社員としっくりきませんでしたが、ふと「自分が社員の立場だったらどう思うか?」と思い直し、自分自身の言動を改めていくことによって社員とのコミュニケーションが円滑になっていきました。現在では、「社員とは共に育つ、会社は社員が主役で経営者は演出家」という思いで日々経営の実践をしています。

社員の能力を最大限に引き出す自社製品・設備

 「あなたの会社には宝物がたくさんあるよ」と同社を訪れる人が口を揃えて語ります。それもそのはず、同社には、社員の能力を最大限に引き出す、さまざまな自社開発製品や設備があります。各作業工程の中で使用されている設備は、自然環境にやさしく、作業者にもやさしく、よりスムーズに、より高度な仕上がりを可能にしています。

 例えば、自社開発した「定盤計測フレーム修正組立機」は、フレーム修正において精度・効率・技術が高いレベルで求められますが、作業者にとって大切な、実車に合わせた作業を容易にするものです。また、塗料等に含まれるVOC(Volatile Organic Compounds)(※揮発性有機化合物~塗料、印刷インキ、接着剤、シンナー等に含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチル等が代表的な物質)を取り扱うため、創業当初から社員の健康や近隣住民に迷惑がかからないようにするための塗装ブースを開発してきました。

 これらの自社製品が、スタッフの技術力を向上させ、顧客から高い信頼を得ており、自動車板金塗装のプロフェッショナル集団としての付加価値を増大させています。実際、各自動車メーカーやディーラーの整備部やサービス部は同社で研修を受けているほどです。
社屋

自社製品が大反響

VOC除去装置  さらに、3年ほど前から同社の自社製品が注目されるようになってきました。今までは、あくまでも自社の技術力をアップするためや社員の健康を守るために使用していた製品や設備がクローズアップされてきたのです。その主たる製品がVOC除去装置で、マイクロバブル(50μm以下の超微細気泡)の原理を応用し、VOCを96%除去する画期的なものです。マイクロバブルを研究している独立行政法人産業技術総合研究所の専門家は、同社を視察して「まさに革命的なもの」と驚嘆しました。また同製品は、昨年度、大企業を含む名だたる企業とともに、環境省・揮発性有機化合物(VOC)対策功労者特別表彰を受賞しました。「町の板金塗装屋にとって驚きの連続」で、この受賞をきっかけにさらなる脚光を浴びています。

 VOC除去装置は、各自動車メーカーへ搬入し、大手各社からの引き合いが絶えず、今年だけで数百社の方が工場へ見学に訪れています。自社だけでの対応では難しくなってきたため、現在は別会社にして対応を急いでいます。

 自社製品の反響が大きく、毎日走り回っている山口氏ですが、あくまでも本業である自動車板金塗装を主軸に高品質、高効率を実現させ、高付加価値の企業づくりに向けて邁進しています。

会社概要

創 業:1951年
業 種:自動車板金塗装専門工場、自社開発機器製造販売
従業員数:25名
所在地:平塚市中堂14-11
TEL:0463-22-0629
URL:http://www.shownan-yamaguchi.co.jp

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS