シリーズインデックス:わが社の強みは??

【第19回】社長と社員の役割(株)五大オーエー 代表取締役 五鬼継(ごきつぐ) 義文氏(和歌山)(2011.09.07)

五鬼継社長 (株)五大オーエー 代表取締役 五鬼継(ごきつぐ) 義文氏(和歌山)

社会福祉に特化

 (株)五大オーエー(五鬼継義文社長、和歌山同友会会員)は、1996年(有)五大オーエーとして田辺市で創業し、主に福祉業界に特化したソフトの開発と販売を事業とし、東は栃木県、西は広島県まで事業を拡げています。2000年4月の介護保険法制定に伴い、同社では各市町村にある社会福祉協議会の業務の効率化、福祉の向上につながるソフトを開発しました。

 2003年を皮切りに全国的に市町村合併が行われました。「市町村が減ることによって社会福祉協議会の数も減るため、ソフトの販売数は減る」と考えるところですが、そのことをいち早く察知した五鬼継氏は、「社会福祉協議会自体の数は減るけれど、支所は残る。各支所で集計業務を行うことがあるのではないか。インターネットであれば、支所と本部のやり取りをいちいち移動することなく、効率よくできるのでは」というところに着目しました。

インフラの普及を戦略

社屋  それまではパッケージソフトとして販売していましたが、他県のお客様までメンテナンスで回るのは大変なことでした。当時はまだISDN(Integrated Services Digital Network:電話やFAX、データ通信を統合して利用するデジタル通信網)やADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line:電話線を使い高速なデータ通信を行う技術)が主流で、現在ほど通信の面が発達していませんでしたが、「IT化は国の施策なので、その点は改善されるだろう」と五鬼継氏は読みました。

 そこで考えたのが、アプリケーションサービスプロバイダ(ASP)です。ASPは、ビジネス用のアプリケーションソフトをインターネットを通じてユーザーにレンタルすることをいい、ユーザーはASPの保有するサーバにインストールされたアプリケーションソフトを利用します。レンタルアプリケーションを利用することで、お客様のパソコンには個々のアプリケーションソフトをインストールする必要がないので、企業のシステムの大きな負担となっていたインストールや管理、アップグレードにかかる費用・手間を節減することができるというメリットがありました。現在福祉業界に特化したソフト開発をする同業者の中で、このような形でのサービス展開をしているのは全国で2社だけです。また、パッケージソフトの販売ではなく、月々のレンタル料として売上を計上できる仕組みをつくったことも、経営の安定につながりました。

全社一丸で解決

 しかし、初期の段階では想定外のことが次々と発生し、導入初日から「欠勤届が出ない」というクレームが発生するなど、形になるまでは約半年の期間を要しました。そうしたトラブルやパニックの中でも、社員一人ひとりが問題を解決するため一生懸命に行動したおかげで勉強ができ、知識が身に付きました。現在は社員との情報共有の場として、朝礼を徹底してやっています。

 また、五鬼継氏は社員一人ひとりを大切していて、例えば病気で退職された元社員でも気に掛け、何かとフォローをしています。また、技術的なことは社員に任せ、自身は社長の役割に徹しています。そうした五鬼継氏の姿を見て、仕事を任された社員は熱く共感し、皆が「五大オーエーの一員である」という自負と誇りを持って働いています。

強みは商品力(開発力)

 もともと、社会福祉協議会から派遣されたヘルパー用の日報ソフトなどを開発および販売していた関係で、五鬼継氏は社会福祉協議会の事情をよく知っていました。おかげで、2000年に介護保険法が制定された以降も、ASP事業などにより社会福祉協議会のニーズに沿った商品を開発できました。

 社会福祉法人の会計基準が、事業ごとに複数の会計基準を用いている現行制度を改め、法人の全事業を同じ基準で会計処理できるようにすることを柱として、2015年までに全面的に見直されることになりました。今後はそちらに向けて500件の新規顧客獲得を目標とし、従来のお客様に対しては無料でバージョンアップするサービス展開を考えています。

社長の役割を果たすだけ

 「死活問題」になる前に手を打つ。五鬼継氏は常に世の中よりも一歩早く動くことを心がけてきました。
 
 「僕は社長の役目をしているだけ。社長の役目とは社内そして社会全体を見ること、資金ショートをさせないことです。社員一人ひとりにも役割があります。社員に求める絶対に必要な才能は『努力する才能』だという信念を持っています。仕事とは、『お客様を納得させて適正な価格で販売することであり、自分たちの努力が正当な対価としてお客様に評価されるように努めるべきである』と社員に言い続けています」と五鬼継氏は語ります。

経営理念

 私たちは、IT技術を通じお客様の視点に基づいた新たな価値の創造とその提供を行うとともに、私たちに関わる全ての人及び地域を大切にしていきます。

会社概要

設 立:1996年9月((有)五大オーエー)
        2001年3月((株)五大オーエー)
事業内容:オンラインソフトウェア開発事業、オーダーメイドソフトウェア開発事業、
パッケージングソフトウェア開発事業
従業員数:12名
所在地:和歌山県田辺市中屋敷町16-1 多屋ビル1F
TEL:0739-26-2348 
FAX:0739-26-2349
URL:http://www.godaioa.com/index.html

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS