シリーズインデックス:共に育つ

【第25回】理念の追求で社員が育つ (株)トヨタレンタリース岡山 常務取締役 藤原良彦氏(岡山)(2012.10.17)

藤原常務 (株)トヨタレンタリース岡山 常務取締役 藤原良彦氏(岡山)

 (株)トヨタレンタリース岡山(藤原良彦常務、岡山同友会会員)は、社長が岡山トヨタ自動車(株)の梶谷俊介氏(岡山同友会会員)であり、設立当初は経営理念も岡山トヨタ自動車と同じものを掲げていました。藤原氏は部長時代に、前任の常務から「岡山同友会の経営指針成文化研修会に参加して、トヨタレンタリース岡山の経営理念を成文化しよう」と言われ、経営指針書をつくりました。前任の常務は社内発表をして経営理念による経営を行おうとしましたが、社員にはなかなか理念が浸透していきませんでした。

経営指針成文化研修に課長も参加

 社屋  2004年、藤原氏は役員になり、もう一度経営指針書の作成講座に参加しました。さらに、現場のトップである課長に、経営指針書による経営を理解してもらうために同友会の「経営指針成文化研修会」に参加してもらいました。この研修会には梶谷氏、藤原氏もフォロー委員として参加しました。フォロー委員から「満足」「喜び」「感動」の意味と違いについて質問があったとき、課長たちはだれも答えることができませんでした。成文化研修を終了後、経営指針書を梶谷氏と藤原氏、課長以上の幹部で一年かけてもう一度作り直しました。そこでまず幹部と梶谷氏が、相互に考え方やものの見方を理解しあいました。このことは、社長と幹部一人ひとりが信頼関係を築くきっかけとなりました。

経営理念の体感

 2008年4月に、梶谷氏が全社員に決起大会で経営指針による経営を宣言しました。10月に藤原氏は、北海道で行われた、「100km歩こう大会in摩周・屈斜路2008」に同友会の会員にさそわれて参加しました。この大会は24時間で100kmを歩く大会です。

 この大会に参加した理由は、経営理念である「満足」「喜び」「感動」を社内にどうしたら浸透できるかという課題からでした。藤原氏はこの大会で「社長がいくら言葉で説明しても伝わらない。社員自らの体験が必要だ」と気づきました。そして完歩した後、「来年は幹部社員と共に参加しよう」と決意しました。2009年は旭山動物園のDVDを観て感想文を書き、旭山動物園と100kmウォーク、という研修企画を立て参加しました。研修企画には毎年10人の役職者が参加し、後でレポートを提出してもらいます。

 さらに、社員一人ひとりへの「満足」「喜び」「感動」の追及を体感してもらうものとして、次々に新しい企画を立てました。「縄文杉トレッキングコース」では、屋久島のKTC中央学園の先生と縁ができ、屋久島の本校に行くことになりました。事前学習は映画「学校Ⅰ~Ⅳ」です。屋久島は「喜び」の追求です。「感動」の追及は、富士登山・オメガレーダー跡地(剣が峰)の訪問。事前学習はNHKプロジェクトXのDVD。黒部・立山アルペンルートでは、「黒部の太陽」のDVDを事前に観ます。「満足」の追求では、「ママチャリ耐久10時間レース」や岡山県近隣のマラソン大会に参加しています。事前学習のあるものは感想文を書きます。参加後はレポートを書き、提出します。これらの企画は8人の幹部が担当し、「喜び」「感動」「満足」を追求しています。社員には一つのコースに連続3回参加してもらいます。参加者の経費は会社が8割を負担しています。そのほかに一般福利のコースという1泊2日の社員旅行もあります。こちらはゆっくり温泉に入って食事を楽しむなど、親睦を深めるコースです。梶谷氏、藤原氏は必ず参加し、ほとんどの社員が参加します。 

パート、契約社員を正社員に登用

社員のみなさん  コスト削減のため、正社員をパート社員や契約社員に切り替えていた時期があり、正社員との比率が五分五分になったときもありました。経営理念があまり浸透していない時期で、パート社員、契約社員に経営理念の説明はしていませんでした。「パート社員は『働くのは生活のため、お金のため』という考えが強く、わが社で働かなくてもよいようでした。働いてもらえたのは、他より労働条件が少しよかったからです。まだ『派遣切り』などの問題がでる前で、経営指針書による経営に切り替えたとき、契約社員の中で正社員試験を受けてもらえる人はわずかでした。接客業務を担う人が理念を理解していなければ、CSの向上にもESの向上にもありません。人件費は多くなりますが、パート社員や契約社員に正社員になってもらい、理念を理解してもらわなければ全社一丸の経営はできないと判断し、積極的に採用試験を受けていただきました」と藤原氏。現在でもパート社員はいますが、結婚や子育てで会社を辞めて、一段落して戻ってきた人たちです。理念については正社員のときに理解しているので、正社員と同じ考え方で仕事に取り組んでいます。

旧理念

お客様の満足・喜び・感動を創造します。

社員の満足・喜び・感動を創造します。

地域社会に満足・喜び・感動を創造します。

新理念

車の利用システムを通して、お客様、地域社会、社員の夢の実現に寄与し、
喜び、感動を共に創造します。

会社概要

設 立:1971年
資本金:9,000万円
年 商:32億円
事業内容:自動車賃貸業
従業員数:110人(内パート、アルバイト20名)
所在地:岡山市南区新保651-3
TEL:086-246-5878
URL:http://www.r-toyota-oka.co.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS