シリーズインデックス:共に育つ

【第32回】妥協せず真剣に向き合う (株)三ッ輪商会 代表取締役社長 岡本 憲明氏(北海道)(2012.12.05)

岡本社長  (株)三ッ輪商会 代表取締役社長 岡本 憲明氏(北海道)

 (株)三ッ輪商会(岡本憲明社長、北海道同友会会員)は、運送会社の三ッ輪運輸の商事部として1947年に設立されました。主力である各種エネルギー販売のほか、建設資材の販売、コンピューターの賃貸保守管理、産業廃棄物の収集運搬、飲食店経営など多角的な事業に取り組んでいます。最近では養豚事業にも乗り出しています。釧路市に本社を構え、北海道内に四つ、東京にも営業拠点があります。岡本氏は大学卒業後すぐに入社し、営業マンとして経験を積み、2011年に社長に就任しました。

体当たりでお客様に提案

社屋  同社が事業を拡大してきた背景には、「社員のアイデアを積極的に採用する、挑戦する風土があるから」と岡本氏は語ります。メーカーと顧客の橋渡し役として、的確な提案力や迅速な対応力が強みの同社。お客様や社員からの声を丁寧に吸い上げながら、事業拡大へとつなげてきました。

 また、価格面だけで勝負しようと思っても、中小企業は大手企業には到底かないません。そこで、同社が徹底して追求してきたのは「お客様との強い人間関係づくり」でした。岡本氏が営業マンだった約30年前、ある営業先A社に「御社が現在取引しようとしているB社の新規事業は問題点が多すぎる。B社の事業に参加しないことが肝要です」と意見を述べました。ところが「B社の事業は自社の利益に直結する。岡本さん、あなたに何が分かるんだ」と相手にされず、言い合いになったそうです。それでも粘り強く説得し続け、結果的にA社はB社と契約を交わさず、それどころか同社の主力商品の取引に応じてくれました。それから30年後、A社社長から「あの時、岡本さんの意見を退けてB社と取引を開始していたら、いまごろ我が社はどうなっていたか分からない。よく反対してくれた」と感謝されたそうです。

 「本気で相手のことを考え、踏み込んだ提案をしたとき、意見の衝突などもあるかもしれません。諦めずに体当たりでお客様と向き合ってほしいし、そのような社員は会社としても応援したい」と岡本氏。妥協せずに真剣に向き合う関係づくりが、同社の原動力となっています。

社員の体験談を共有し、生きた情報交換

 長年、岡本氏は社員に対して「全社的な視点を持って仕事に臨んでほしい」という思いがありました。そこで、最近は部門毎の垣根を取り払い、フラットな環境に変える取り組みをしています。その一つが、グループウェア導入による情報共有です。ある部門から知りたい情報について問い合わせると、あらゆる事業部から有力情報が集まり、お互いを補完しながら最善の策を練り上げます。その際は、単なる業務報告ではなく、社員自身の実体験を盛り込むことを前提としています。各営業部の内外でこの取り組みを続けることで、これまで薄かった「横」の連携が図れるとともに、新たなアイデアも派生してきました。

 また、「志の高い社員には、多くの可能性に挑んで能力を発揮してほしい」という願いから、石油部門から建材部門への異動など、全く違う業種への人事異動にも取り組んでいます。「新たな仕事を覚えるという時間的リスクはある一方、さまざまな経験を積むことによって、三ッ輪商会の社員としての自覚が芽生え、次世代を担う人材の育成につながる」と期待を込めて話す岡本氏。さらに、昨年から新たに設立した養豚業「トンタス浜中」では、未経験の社員7名が浜中町に移り住んで一つひとつ事業を組み立てています。岡本氏は「生き物を育て、出荷するのは初めての試みです。製品と人づくりにしっかり取り組んで、長年の夢を成功させたい」と、新事業への意気込みを語りました。

自走する帆を持て

社内の様子  社内には、仕事の種類によっていくつものチームが編成されていますが、「部下の役割は、上司をうまく活用すること」という風土が根付いています。上司からの指示でチームが動くのではなく、部下から上がってくるさまざまな提案を上司がサポートするという関係です。
 
 また、チームが目標に向かって力強く動くためには、部下は新しい情報や顧客動向に関心を持ち、自分なりの事業構想を上司に提案することが求められます。岡本氏は「頑張っていれば、1年に何度か“いい風”が吹くときがあります。日ごろから社員には自走するために“帆”を張り続けるよう伝えており、一瞬の風をつかんだときの喜びを自らの成長につなげて欲しい。うちの社員は、ほれぼれするほど情熱と人間味にあふれ、このことがすなわち、わが社の自慢です」と笑みを浮かべます。

 「次世代を育てなければ、わが社に未来はありません。人によって成長するスピードはさまざまですが、企業が一体となって育ち合う関係をつくりたい」と、岡本氏は強い意気込みを語りました。

会社概要

創 業:1947年
資本金:9,000万円
売 上:197億円(2011年度)
事業内容:石油、プロパンガス、生コンセメント、OA機器売買
従業員数:140名
所在地:釧路市鳥取南5丁目12番5号 
TEL: 0154- 61-5151
URL:http://www.syoukai.mitsuwa-ltd.co.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS