シリーズインデックス:激動をよき友に

【第25回】「プロテクト・イノベーション」で成長 IMARI(株)取締役会長 福井 秀平氏/代表取締役 福井 康一郎氏(佐賀)(2021.02.12)

福井康一郎代表取締役(左)と福井秀平取締役会長 IMARI(株) 福井康一郎代表取締役(左)と福井秀平取締役会長(右)

会社外観  佐賀県伊万里市に続く高台の社屋がひと際目立つ IMARI(株)は1967年に段ボール製造で創業しました。会長の秀平氏は佐賀同友会設立メンバーでもあり、社長の康一郎氏は2018年に事業承継して現在30歳。親子で佐賀同友会に所属しています。

 伊万里焼・有田焼などの陶磁器の段ボール製造から始まった同社は、壊れやすい陶磁器が箱の中で動かないようにするノウハウを生かし、54年間「お客様の大切な商品を梱包」にこだわって環境に合わせた企業の革新を行ってきました。

「守る」を合言葉に

業務の様子  「IMARIからMIRAIへ」――『協働』『市場創造』『革新』という企業理念を掲げ、長年の実績とノウハウを生かし、2010年から「守る」を合言葉に従来の梱包資材製造にプラスαで製造業を軸としたさまざまな分野への挑戦が始まりました。

 2013年より本格的に「プロテクト・イノベーション」(「守る」の技術革新)をさまざまな形で行っています。また、コロナ禍においてさまざまな取り組みをいち早く行い、「守る」をキーワードにこの間でも成長し続けています。

○お客様の大事な商品を「守る」
 創業時からの事業である段ボール事業。自動車部品、精密部品、輸出品などお客様の大事な商品に合わせた梱包設計を行い、強度、耐荷重、耐衝撃、耐炎、耐水、広告等規格と用途に合わせた段ボールを開発しています。

○自然災害、劣化、攻撃から「守る」
 耐久性が非常に高い樹脂の独自の塗布技術を開発し、製造ラインの摩耗・劣化防止、また建築構造物を災害、爆薬、銃器の攻撃から守る「イマリコーティング」。住宅や土木、橋等の施工を行うため、建設業の認可も取得しました。
 
○食の安全、鮮度を「守る」
 機器メーカーと共同研究で薬品を使用せず、振動を用いた食品の保存庫を作りました。佐賀県は農業が盛んで、佐賀同友会にも農業事業者が多く在籍しています。そのつながりを生かして付加価値の高い農作物づくりのため共同研究を進めています。また振動を利用したフライヤーで油跳ねを防止でき一流料理人も認める機材を飲食店に提供しました。

○ウイルスや細菌から命を「守る」
 「プロテクト・イノベーション」という合言葉のもと、新たに立ち上げたハイジーン(衛生)事業では、段ボール裁断技術を利用したマスクを作成しました。マスクが品薄の時に小学校に寄付しました。また抗菌効果が永続的に落ちない布地に「さかざきちはる」さんのデザインを入れたマスクを開発しこれも寄付しました。

○人の居場所、つながりを「守る」
 空間除菌機に強力なフィルターを利用した空間除菌空気清浄機、また公共物や学校の机に貼ることで除菌が永続的にできるフィルム、お寺の集会で門徒さんのための宗派マーク入りマスクを取り扱うなど、限られた環境での人のつながりを守りました。

QCサークル ○社員自らの力で会社と自身の永続的な成長を「守る」
 2014年からQC(改善)活動に力を入れ、品質向上、原価低減、効率化と併せて、社員個人のやる気を引き出す等の研究実践活動を毎年社内で行い発表を行っています。2019年にはQCサークル経営者賞を日本科学技術連盟より授与されました。

QRコード ○情報を駆使して自社の未来を「守る」
 段ボール加工のノウハウを生かして、段ボールで作った事務機、遊具、玩具、ペット用品の製造、販売を行っています。その一環としてオンラインショップを設けました。よい製品を作ったとしても、誰も知らなければ売れない。より多くの人に興味と関心を持ってもらうため、事業のブラッシュアップをたゆまなく行っています。

 例えば、情報の拡散方法としてSNSの研究や社長が東京のテレビ番組中プレゼンテーションで歌うなど、ユニークかつ直接経費がかからない効果的な情報発信といったように、さまざまな工夫を凝らしています。また、2020年4月からはリモートで海外中小企業者との会議も行い、共同で新商品の開発も行うなど、IMARI(株)はプロテクト・イノベーション企業として自己革新を図り世の中に貢献し、モノづくりに挑戦し続けています。

※右記QRコードにて、皆さんの「お困りごと」「守りたいもの」などをお問い合わせフォームからお寄せ下さい。

〇地域や同友会を「守る」
 佐賀同友会では「経営指針実践塾 レンジャーキャンプ」を会長と会員で学習会を毎月行っています。生活、企業、雇用、地域を守るために「同友会はサロンではない!お互いに砥石になって!」と経営指針の進捗を中心にした厳しい「共育」(恐育?)で地域の将来を守る活動を行っています。

最後に…

 いずれの「守る」においてもお客様のニーズから、全社で人間性、科学性、社会性を元に考えられたイノベーションであり、常に平時と捉えて生み出され続けている同社の取り組みは人と時代が変わっても理念とリーダーの下で続いていきます。

経営理念

一.協働
一.市場創造
一.革新

会社概要

創 業:1967年
設 立:1972年7月
資本金:1000万円
年 商:3億3000万円(令和2年6月期)
事業概要:各種段ボールの製造。ポリウレア樹脂事業、フレッシュトロン事業、ハイジーン事業、オンラインショップの運営
従業員数:27名
所在地:佐賀県伊万里市大川内町甲984-3
電話番号:0955-22-4185
URL:http://www.imari-d.com/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS