中小企業家同友会は、経営者自らが作る学びの場です。経営者同士が本音の討論で学び合い、高め合い、自社の経営革新に挑んでいます。

内閣府の発表した『2015年版高齢社会白書』によると、65歳以上の高齢者の数は3,300万人、総人口の26.0%を占め、急激に高齢化が進んでいることがうかがえます。企業の経営者も例外ではなく、社長の平均年齢は、2015年に59.2歳と過去最高を更新。また、社長交代率を見ると、2015年は3.88%となり、3年連続で前年を上回っています(帝国データバンク『2016年全国社長分析』より)。トップの高齢化にどう向き合うのか、企業は今その対応を求められています。

今回の連載では、単なる社長交代や後継者への引継ぎではなく、理念・人・財務・技術など次世代につないでいくために事業継承に実際に向き合い、日々奮闘している全国の会員企業を紹介します。

このシリーズは中小企業家同友会全国協議会(中同協)発行のメールマガジン「Doyu News」(毎週水曜日)に掲載されています。お申し込みはこちらをごらんください。なお記事の内容は、DOYUNETの企業実践記事と重複する場合があります。ご了承ください。

最新記事

【第18回】歴史を継ぐということ 共栄印刷(株) 専務取締役 有賀 真治氏(福島)(2016.08.24) (わが社の事業承継) NEW!

過去の特集

チャレンジ環境経営 若者がいきいき働く企業へ これがわが社の経営理念 共に育つ わが社の強みは? 付加価値を高める 経営革新する元気印企業 人を生かす経営II 第二創業をめざして 人を生かす経営 企業探訪の旅

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS