中小企業家同友会は、経営者自らが作る学びの場です。経営者同士が本音の討論で学び合い、高め合い、自社の経営革新に挑んでいます。

昨今の一番大きな経営課題である「人」不足。中小企業同友会全国協議会が各都道府県の同友会の会員を対象に四半期毎に実施している景況調査(DOR)では、2011年第3四半期から「人手の過不足感DI」はマイナスの水準で推移しており、経営の力点として人材確保をあげる企業の割合も高い状態が続いています。また、リクルートワークス調査の2018就職白書によると、300人未満の企業の採用充足率は40.2%と低く、学生の採用においても苦戦しているのが現状です。雇用環境を整備し、社員教育などを通して社員と共に育つ取り組みが今後さらに重要になっています。

そこで今回の連載では、新卒採用もしながら社員教育に取り組む企業にスポットライトを当て、日々奮闘している全国の会員企業を紹介します。
このシリーズは中小企業家同友会全国協議会(中同協)発行のメールマガジン「Doyu News」(毎週水曜日)に掲載されています。お申し込みはこちらをごらんください。なお記事の内容は、DOYUNETの企業実践記事と重複する場合があります。ご了承ください。

最新記事

【第8回】つくる人を増やして、世の中を変える (株)オクタケ 代表取締役 奥村 高志氏(福井)(2018.07.18) (人が育つ中小輝業) NEW!

過去の特集

キラリと光る小さな企業 わが社の事業承継 チャレンジ環境経営 若者がいきいき働く企業へ これがわが社の経営理念 共に育つ わが社の強みは? 付加価値を高める 経営革新する元気印企業 人を生かす経営II 第二創業をめざして 人を生かす経営 企業探訪の旅

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS