シリーズインデックス:若者がいきいき働く企業へ

【第17回】人そのものを尊重する共同求人活動 サンコー印刷(株) 代表取締役 三村健氏(岡山)(2014.07.30)

三村社長 サンコー印刷(株) 代表取締役 三村健氏(岡山)

社屋  サンコー印刷(株)(三村健社長・岡山同友会会員)は、1945年の創業。当初は両親が謄写版印刷(いわゆるガリ版刷り)を手がける小さな工場でしたが、時代の変遷とともに工法もオフセット印刷からDTP、デジタル方式へと順次対応し、社員も39名を数えるまでに増えました。現在は自社のドメイン(事業分野)に「情報加工業」を掲げ、一般的な紙媒体のほかに、ホームページ製作やデジタルサイネージ、動画編集など幅広い分野を手がけています。

 三村氏が入社したのは1966年で、まだ両親のほか数名の女性がいるだけの規模でした。当時20代だった三村氏は、日中は営業で外回り、帰社後は現場で連日深夜まで印刷機を動かし両親を支えました。1970年には両親の後を継ぎ、社長に就任。有能な経験者を他社から迎えたことも転機となって仕事の幅も増え、ようやく経営に専念できる環境が整いました。しかし、当時を振り返ると、新卒採用という発想はなかったと三村氏は言います。

 「当時は、多能工化を念頭に置いて工業系の高校を中心に採用活動をしていたの。でも経済成長のまっただ中だから大部分が大企業に流れてしまって、ウチなんかではなかなか採用できなかった。結局中途採用がほとんどでした」。

中途採用から新卒採用へ

社内1  そんな同社が新卒採用に踏み切ったのは、同友会がきっかけでした。三村氏は岡山同友会の創立メンバーとして会に関わる一方、1988年に岡山同友会が共同求人活動に取り組み始めた当初から同活動に参加。以来、毎年欠かさず参加しています。

 当時、三村氏は中途採用の社員の教育に限界を感じていました。「どれだけ懇々と説明しても社員はなかなか変われない。特にお客様に対する対応姿勢はわれわれにとって何よりも重要なもの。そこをわかってもらうのが本当に難しかった」と三村氏。そんな苦労を実感していた三村氏にとって、新卒で社会に一歩を踏み出したばかりの若い世代を採用し、一から共に育っていくという同友会の姿勢は非常に新鮮に映りました。
 
 また、実際に参加してみると、採用に対する姿勢や学生に選ばれるための環境整備など、他の企業から学ぶべきことが多いことに気づきました。「経営の学びの機会として、同友会からその恩恵を最大限に受けてきました。今思うと、中途採用でずっときていたら、私自身がとっくにギブアップしていたと思う。中途採用で採った人を変えるには、相当のエネルギーが必要だからね」と三村氏は語ります。

人そのものを尊重する「共同求人活動」

 ここ10年ほどは毎年1~2人の新卒採用をしています。創業当時から民主的な考え方を大切にしてきたこともあり縁故採用は一切せず、数回の面接で同席した幹部社員による現場の意見を尊重して採否を決定しています。重視しているのは、「謙虚さ、素直さ」。周囲の意見や環境の変化を柔軟に受け止め、顧客の要望にも臨機応変に対応するためには欠かせない条件です。

 しかし裏を返せば、どうにでも変化できる新卒社員であるがゆえに、いい加減な教育は許されません。入社後は、社内OJTと同友会の社員教育メニュー(社員共育大学、幹部社員大学)を組み込んだ独自のプログラムに基づき、社員一人ひとりの成長過程に応じて内容を吟味し、「自立型」社員の育成に取り組んでいます。三村氏は、「共同求人に取り組むことで、経営者としての自分自身の意識が変わりました。『共同求人=人集め』などと狭く捉えず、人そのものを尊重するのだと、もっと基本的なところから考えるようになりました」と言います。

あてにし、あてにされる関係を築く

社内2  同社が社是に掲げる「TWO-WAY COMMUNICATION」(双方向性)とは、1.社員と社長、2.会社とお客様、3.会社と地域社会においての関係をさし、それぞれが啓発しあえる風通しの良い関係を築くことをめざしています。

 「お客様や地域から頼られれば、それに応える。あてにし、あてにされながら地域社会が潤い、また発展するために何ができるかを考えながら、それぞれが創意工夫をもって仕事に取り組むように努力しています。自分が期待されていると感じると、その期待に応えようと行動までが変わってきます。単に社内でのスキルアップを狙うのではなく、地域社会からあてにされる人間に成長させていくことが大切です。その結果は必ず仕事にも表れてきます。私は、教育を通じて、社員一人ひとりのその人らしさを引き出す手伝いをしているに過ぎません」。そう語る三村氏の表情は明るく、若者にも負けないくらい輝いているように見えました。

<社是>
TWO-WAY COMMUNICATION
<社訓>
自主性と創意工夫
<経営理念>
私たちは高度情報化社会の中で社員一人一人の知恵と力を寄せあい、企業と自己の継続的成長と発展をはかり、情報加工産業を通じて顧客の満足を喜びとして、地域社会の生活文化の創造に貢献し続けます。

会社概要

創 業:1945年
資本金:3,000万円
事業内容:業務用・事務用印刷物、各種販促物の企画・編集・製造
従業員数:39名
所在地:岡山県総社市真壁871-2
TEL:0866-93-2121
URL:http://www.sankopr.co.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS