シリーズインデックス:若者がいきいき働く企業へ

【特別版】一人ひとりが輝き、成長する組織へ (株)イベント・トゥエンティワン 代表取締役社長 中野 愛一郎氏(奈良)(2015.01.21)

中野社長 (株)イベント
・トゥエンティワン 代表取締役社長 中野 愛一郎氏(奈良)

~第42回青年経営者全国交流会第5分科会報告より~

 当社の主な事業はイベント会場設営や用品レンタルです。ある日会社の経営者である父が病に倒れてしまい「会社を継いでくれないか?」と言われました。私にはニューヨークに住んで大きなことがしたいという夢があり大きく悩みました。ただ幼いころより父の背中を見てきており、会社が父の人生だということを知っていましたので、「会社を大きくしてニューヨーク支店をつくればいい」と思い会社を継ぐことにしました。

会社を引き継いでから

 引き継いだ当時、従業員4名で売上が1億円ある企業でした。しかし創業時の借入金が減っておらず、また社員が仕事に誇りを持てないという状況でした。まずは、一生懸命働いているのに結果が結びつかない、つまり利益がでない体質を改善していきたいと思い決算書を作成し会社の状況を掴み、それを元に経費の削減を行いました。社員が頑張っている中での削減なので、だれも苦労をしないような削減方法を模索して実践をしていき、利益を獲得することに成功しました。26歳の私の言ったことに対して反対はあるものの、社員がついてきてくれたこと、そして結果を出し、それを社員に還元できたことがとてもうれしかったです。

売上拡大に向けて

 2年目になり、売上を上げるための取組みを考えました。業界全体における自社のシェアを考えるとそこには情勢や業界が悪いなどは関係ないと思い、売上を伸ばすことができると考えました。

 1年目の取引先をインターネットから探しだした経験から、インターネットの可能性に気づきました。気づいたら実践です。早速ホームページ(以下、HP)の作成に取りかかりました。HPを立ち上げるときに大切にしたことがあります。それは、同友会の中で勉強した目先ではない「本質」です。目先だけでは持続もせず、社会に価値の無い存在になってしまう。本質が見えれば具体的な手法が見えてきます。また、HPで大切にしたのは次の三つです。一つ目は立地戦略でもあるSEO対策(Search Engine Optimization、サーチエンジンの検索結果のページに表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること)、二つ目はお客さん目線で必要な情報を載せること、三つ目は納得のいく価格設定です。これらを元にHPを立ち上げました。6年目の現在では年間売上3億8,200万円、粗利益率45%。年間新規問い合わせ22,000件になりました。 

 二つ目の必要な情報については、お客さんに直接聞けるようにアンケートを実施し、またそれを組織の強化につなげています。強みの共有とモチベーションの向上になります。アンケートには良かったこと・悪かったことが記載されています。良かったことからは、強みが見えてきます。直接ほめられるので、仕事に対する誇りにもつながります。今では自社の強みを4つほどなら全社員が答えられるようになっています。

 この取り組みで、最近うれしい事例がありました。今年の新入社員が初めて仕事に関わり、その取引先より「新卒の子の対応がすごくよく、またお願いしたい」という内容のアンケートをいただいたのです。それを朝礼で発表して社内で共有しました。一生懸命働いたことが見える形となって現れたこともあり、とても喜んでくれました。お客さんに喜んでもらえたことが仕事の誇りとなり、今も一生懸命働いてくれています。

組織展開について

 何よりも人が一番大事です。そのために、理念の共有・やりがい・仕組み化・情報共有・個人の成長・コミュニケーションを大切にし、「情報の見える化・チーム性・人事考課・即反映・話す」をポイントにさまざまな取り組みを行っています。
 朝礼では、会社やプライベートでの出来事で、経営理念である「you happy we happy」だと思ったことを挙手制で話してもらっています。経営理念に対する考え方の共有などに役立っています。

 また、経営者としてビジョンや考えを示すため、全社員にメールを送っています。経営者が考えやビジョンを示さないと、従業員が不安になり安心して働けません。経営者が社員に「ありがとう」をたくさん言える仕組みもつくっています。リーダーから、目立ってはいないががんばっている人を紹介してもらうということをしています。これは、その人をほめてあげたいということと、リーダーの成長のために実施しています。社員に目を配りがんばりを認めて、評価してあげることは大切です。

 全社員が対象で私と個人面談を行います。そこでは仕事の話もしますが、どちらかというと「どんな人間になりたいか」ということを中心に話し合います。その中で、会社の中で実現するためにはどうすればいいのかを一緒に考え共有し、社員の夢やビジョンを会社の経営理念に照らし合わせることを目的としています。その他、リーダーと数人での「社長会」という会議や合宿、月一回の全体会議も行っています。さらに「愛一郎ミッション」という社外活動もしています。社員に働く意味や価値を持ってもらうのが目的で、準備をして社員と二人で出かけます。経営者として社員の人生において値打ちのある時間を提供できるかが問われているので私のミッションとしています。

 取り組みの軸にあるのは経営理念です。大切なことは社員一人ひとりの声を引き出し、それを仕事に反映できる仕組み。社員が持つ気持ちを生かせていない、聞けていないのは経営者のせいだと私は思います。仕組みから生まれる環境づくりは、経営者の仕事であり責任です。

人を幸せにするために

 会社を引き継ぎ利益が出る体質をつくり、ウェブ戦略で顧客を獲得し、社員のがんばる気持ちを生かせるように仕組みをつくり8年目が過ぎました。今では社員数が42名になり、海外・東京に支店を出せるところまで大きくなりました。人間関係で思い悩むこともありましたが、今では同じ価値観で話せる同志がいます。とても心強いです。

 会社は社会貢献のためにあります。つまり会社が大きくなればそれだけ多くの社会貢献ができるのです。これからも「you happy we happy」の理念を元に人を幸せにするために発展していきたいと思います。

会社概要

設 立:1991年
資本金:1,000万円
事業内容:イベント用品レンタル、設営
従業員数:48名(2015年1月現在)
所在地:奈良県香芝市藤山1-3-15
TEL:0745-77-6882
URL:http://www.event21.co.jp

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS