シリーズインデックス:若者がいきいき働く企業へ

【第8回】創業期から続く新卒採用の歴史 (株)サン・コンピュータ 代表取締役社長 三浦 克之氏(青森)(2014.05.21)

三浦社長 (株)サン・コンピュータ 代表取締役社長 三浦 克之氏(青森)

 全国に誇る水産都市・八戸市でIT関連企業の老舗として活躍している(株)サン・コンピュータは、社長の三浦克之氏(青森同友会会員)が大手建設会社を退職し、1988年10月に仲間5人で立ち上げた会社です。1990年からほぼ毎年新卒者を採用し、現在では70名に上る社員を擁するまでになりました。

中途を採用できる業界じゃなかった

本社外観  創業2年目から新卒を採用している同社ですが、これには当時の業界背景が深く関係しています。「当時はITなんて言葉もなくて、コンピュータも今のように一般的ではありませんでした。必然的に経験者も少なく、中途採用して即戦力にすることもできず、新卒を採用することになりました」と三浦氏は語ります。毎年2~3名の新卒採用を行い、山積する受注に対応する時代が数年続き、やっと経験者を中途採用する時代になっていきました。

 新卒採用と並行して中途採用を始めた同社。三浦氏は「バランス」を重視した採用を展開します。「社員の構成比を見て、新卒と中途の割合、年齢ピラミッドのバランスが均衡するように心がけています」と語る三浦氏は将来的な受注と採用のバランスにも着目します。「自社単体で人材を抱えていることは、受注量によって『不幸な人員調整』を行わざるをえない状況にもなりかねません。採用した人材を育て上げ、独立志向を持たせることにも力を入れました。独立した彼らとパートナー関係を築くことでWin‐Winの関係を築いてきました」と三浦氏は語ります。

キャリアアップの場としての自社

 採用活動を続ける中で、自社をキャリアアップの場として売り込んだこともあるといいます。「創業当時から私の前職の関係などで大手企業とのパイプがありました。一時は『大企業の第一線で活躍することもできます』とうたって採用を行ったこともありました。実際に当社を退職して大手企業のシステムエンジニアとして活躍している例もあります。でも、現在はむやみに『甘い言葉』を使うことはありません。大手企業に転職することが必ずしも彼らの幸せにつながるとは限らないからです。現在も大手企業からの受注がありますが、独立や転職に際して、本人とよく相談し、ベストの選択ができるようにフォローしています」。大手建設会社に勤務していた当時、社内で革新的な提案や取り組みを行い、6年間で4回の社長賞に輝いた経歴を持つ三浦氏は、「独立や退職をしなければ成し得ないこともありますが、社内起業でなし得る成功もたくさんあります。そこを見極める手伝いをしてあげることで、一人ひとりが輝いてくれれば良いと思っています。そのほうが社員や私、会社にとっても良いことではないでしょうか」と語ります。

社員の要望にノーと言わない

社内の様子  2013年度に青森県と青森同友会が共同で実施した「青森県版働きがいのある会社調査」で同社はランキング上位に入賞しました。これは社員へのアンケートを中心に経営者へのアンケートと照らし合わせて客観評価されるものです。この結果について三浦氏は「何も特別な取り組みはしていません。毎月の親睦会と全体会議のあとのピザパーティくらいですね。ただ、特徴があるとすれば、社員から上がってくる要望をほとんど導入していることでしょうか。男性社員の育児休暇なども社員からの声で導入しました。手当などについても社員の求めがあれば検討し、双方が納得すれば導入するようにしています。ほとんどが導入に至ります。働きやすいというよりも、居心地がいいのでしょう。社員に『ノー』と言わない会社といえば聞こえがいいですが、しっかり『業績が悪化したら廃止する』という交換条件をつけていますから」と笑います。

世の中が自社をどう見るか

 創業から25年が過ぎ、社員数は10倍以上に増えた同社ですが、その間、独立や転職以外での退職も相応にあったといいます。「でも、不思議と戻ってくる社員も少なくありません。最高で、3回入退職を繰り返した社員もいました。さすがにもう在籍していませんが。より好条件を求めて退職していく社員がほとんどですが、戻ってくる社員は一様に『サン・コンピュータの方が働きやすい』と言って戻ってきます。今回、参加した調査では社内に居ながらにして『ウチの会社はまんざらでもないようだ』と社員が認識できたことが一番の成果でしょうか。経営者としては複雑な心境でもありますけど」と語る三浦氏は、ランキング上位入賞をきっかけにSNS「Facebook」を活用し、情報発信することで支給される「いいね!手当」を創設しました。「もともとは社内SNSを使ったコミュニケーションを活発にしたいと思い、始めました。情報発信力を発揮して社員一人ひとりの顔が見える会社にしようと思ったからです。世の中は『会社』ではなく、そこで働いている『社員』を見ていると思います。社員の顔が見える会社であるために新しい試みを常に取り入れていきたいですね」

経営理念

私たちは、ソリューションを提供し、感動を創造します。
私たちは、情報文化を育み、笑顔あふれる社会づくりに貢献します。
私たちは、縁を大切に、共に育ち、明るい夢の実現集団を目指します。

企業概要

創 業:1988年
資本金:5,000万円
年 商:5億8,000万円(2013年8月)
事業内容:ソフトウェア開発、コンピュータ機器販売
従業員数:70名
本社所在地:青森県八戸市北インター工業団地一丁目5番10号
事業所:東京都文京区、青森県むつ市
TEL:0178-21-1100
URL:http://www.sancom.co.jp/

このページの先頭にもどる

携帯用QRコード
携帯対応について

更新情報RSS